カテゴリー: AutePost from Posterous

別冊クロスビート『ユリシーズ』「オールドパンクとゴム長靴」


シンコーミュージックの雑誌ULYSSESに、あのゴム長パンクが漏出。

ULYSSES再開しろ。というメールもいただいている“底辺託児所および底辺生活者サポート施設シリーズ”が、紙の媒体に進出、ならぬ漏出をいたしました。

「オールドパンクとゴム長靴」(ユリシーズ レ・ヴァリエテ参照)のタイトルで書きました。以前から拙ブログを覗いてくださっている方々なら、何(というか、誰)のことを書いたかもうおわかりでしょう。

 

http://www.shinko-music.co.jp/main/ProductDetail.do?pid=2132301004

 

今どきこのような雑誌を買って読みそうな日本人の層には、ひょっとすると拙ブログに来てくださっている方々がすっぽり入っているのではないでしょうか。

そもそも、「ブログで書いているような内容を」と、この無芸大飲のおばはんにメールをくださったIH嬢のような編集者がいったい他におられるのか(たぶんゼロ。ははは)と考えれば、いかに奇特な雑誌であるかということがわかっていただけると思います。

 

思えば、80年代後半に英国・アイルランド・日本間をうろうろし始めてから、しゃら臭いやら胡散臭いやらで、わたしが一切読まなくなったのが日本の音楽誌でした。

そんなわたしが“ほーお”と思った雑誌。などとウダウダくだらんことを書くより、元「ロック画報」編集長の新雑誌。と宣伝したほうが100倍ぐらい切実に効果的でしょう。

 

しかし、こう書いてきて思ったのですが、“奇特”というのは、どうも向後のキーワードのようですね。

“奇特ごっこ”ではなくて。

       

******************************     

 

それにしても、執筆している人々がここまでアツく宣伝する雑誌って、今どき他にあるんでしょうか。

 

http://d.hatena.ne.jp/aesthetica/20100225

 

http://kensho-onuki.blogspot.com/2009/12/ulysses.html

別冊クロスビート『ユリシーズ』
もうすっかり音楽雑誌にも興味が無くなってしまってたけど、
いつのまにかブログ更新を楽しみにしていた
みかこさんの執筆が載ってるというだけで買ってきた。

彼女らしい文章がキラキラしていて、ついついにんまり。
もうすっかり彼女のファンになってしまっている。
最近の実話を元にしてる(?)小説「愛着理論」も
その展開と内容にドキドキでつぎの更新が楽しみでならない。

で、この本の記事に書かれてる
“セックス・ピストルズは「アナキー」という言葉を
キャッチャーなスローガンとして使ったが、
対照的に本気でアナキストな思想や活動に走って行ったアナーコ・パンクの旗手バンド”

として書かれてる“CRASS”って全然知らない。
あとで調べてみる・・と思ったらたまたま blip.fmに流れてきて聴いた
(ふうん・・z)

ブレイディみかこさん
1965年生まれ、英国ブライトン在住14年目。
ライター、翻訳者、保育士。著者に『花の命はノー・ヒューチャー

Posted via web from kisato posterous

広告
カテゴリー: AutePost from Posterous

河北新報/河北春秋 より『わかってほしい』


▼クマの縫いぐるみが、ページを繰るにつれ少しずつ壊れていく。布が破れ、縫い目が裂け、中綿がはみ出す。「なぜ?」「ここしかないから/されるがまま」。悲しいつぶやきが白い文字で浮かび上がる▼同時に心の奥底で叫ぶ別の声。「じぶんにうそをつくな」「おなじめにあわせよう」。黒い文字がかぶさる。交錯する表と裏の心。そして最後のページには一言、「あいされたい」▼作者のMOMOさんは子ども時代を虐待の中で過ごした。「子どもはどんなに殴られても親が好きで、愛されたいと思っている。そのことをわかってほしい」。雑誌のインタビュー記事でそう語っている

▼子どもの虐待死が相次ぐ。児童虐待の事件数も相談件数も年々増え続ける。「法律は理念だけ。金も人もつぎ込んでいないから、何が何でも子どもの命を守るという制度になっていない」。

最近また、子どもの虐待ニュースが相次いで目に飛び込んできている。
新聞に出ていても、パッと見て読みたくないな、と思う。
おそらくその短い記事でも読んでしまえばしばらく、
ときによっては一日中沈みっぱなしになってしまうから。

なにが原因だったんだろう、どうしたらこういうことが起こらなくなるだろう。

10日の地元新聞のトップ下欄に記者のコラムが載っていた。

最後の「あいされたい」という言葉は、
一挙に子どもの目線に引き寄せてくれる。

こうしたニュースを知ったとき、
心ある人は皆、深い悲しみと共に、
それを防げなかった社会人として「人」としての苛立ちに襲われる。

殺されましたという残酷なニュースだけが飛んでくる

4861010179わかってほしい: MOMO, YUKO: 本

Posted via web from kisato posterous

カテゴリー: 未分類

村上春樹「風の歌を聴け」を読んで


気になりつつもたしか一冊も彼の本を読んだことがない
処女作であり、Keityさんお薦めの中の一冊として
まずこの著書から読んでみた
話題の新刊『1Q84』は 
彼の独特さをある程度掴んでから読みたいので、
もうしばらく後になる。
風の歌を聴け (講談社文庫) (文庫)
4061317776
「どんよりした曇り空の下に、ぼんやり佇んでいる。」
これが村上春樹氏処女作の読後感
常に客観的で感情的になる部分なんてひとかけらも無い
21歳なのにすでに悟ってるような雰囲気を醸し
人をバカにしたような・・という
主人公の態度がそのまま読者に投げかけられたようにさえも感じられた。
だけどそれだけならたぶん心に残らない
読後なんだったんだろう、と思ってから
じわじわと拡がってくるものがある
言葉にできないもどかしさを言葉にする表現力・・なのだろうか
なんだかわからないものに
じわじわと圧倒されてくる
この妙な感覚 これが村上春樹氏の味(?)なのだろうか
だとしたらなんとも奇妙な魅力

君は宇宙空間で時がどんな風に流れるか知っているのかい?
誰にも知ってることを書いて、いったい何の意味がある?

と架空の小説家ハートフィールドの言葉の引用として書かれてる
『風の歌を聴け』という題名から想像してたのは、
爽やかなはっきりしたわかりやすい清清しい空気だったのだけど
だいぶ違っていたことに正直面食らった。
この言葉がたぶん、この題名と書きたい骨子だ、と思った。

印象に残った言葉の場面のメモ

「完璧な文章などというものは存在しない。完璧な絶望が存在しないようにね」
(主人公が知りあった作家の言葉)
まるで橋を渡るように音を立てて僕の上を通り過ぎ、そして二度と戻ってはこなかった。
20代最後に語る 自己療養の試みとして文章を書くこと
母親が死んだとき、ビルの屋上から飛び降りて死んだ
ハートフィールドの墓参りで締めくくる。
墓碑に刻まれたニーチェの言葉
「昼の光に、夜の闇の深さがわかるものか。」
ラジオDJからリスナーに語りかけた言葉を太字で「僕は・君たちが。好きだ」
たぶんまたもう一度読んでみたくなる本だ

カテゴリー: 未分類

深呼吸歌人 きつかわゆきお氏「ロックする思索者」


なんかどきっとするタイトル
オンブック:『ホントに欲しいものを、言ってみな!』きつかわゆきお
7月発売予定 
こちらは5月に発売されてる。PDF file の立ち読みもできます。↓
無料出版オンブック:『深呼吸和歌集 No.5「Shinkokyu suru KOTOBA」』

Have a secret you cannot tell anyone?
Treat it as your personal treasure.
誰にも言えないことがあるとしたら、
それはむしろあなたの宝物として扱え。
If you are left behind You should head in the opposite direction Then you are the leader of the pack.
おいてけぼりにされたら、
みんなと逆の方向に進めばよい。 君が先頭だ。

無料出版オンブック:
『深呼吸和歌集 No.5「Shinkokyu suru KOTOBA」』

「深呼吸する言葉」というタイトルそのものがぐっときた
いつだったろう、
何かのSNSで誰かのプロフィール見てるうちリンク辿って
深呼吸する言葉ネットワークから
その立ち上げ人のはてなダイアリー、
深呼吸する言葉・きつかわゆきお」に遭遇した

自分と他者との境界線に言葉がある。

深呼吸する言葉・きつかわゆきお

たった一行、ぼそっと写真が添えられて書かれている。
ほっとさせてくれたり、うんうん、と励まされたり、
え?と思うこともあったり。
なぜかそのまま通り過ぎていけずに、
ずっとチェックするのが日課になっていた。
いいな、と思ったら脊髄反射的にはてなスターをつけてる。
突然きつかわ氏、twitterに出現してfollowしてきた。
びっくりした(笑) きっとはてなスターをよくつけてるので
そちらから見に来てくれたんだと思う。
きつかわゆきお (metakit) on Twitter
この記事書こうとリンク辿ってって
きつかわ氏の「社長日記」を今回初めてみつけた。
ふうん、とここにきて初めて
きつかわさんの日常的素顔が見えてきたのでした。
ここにtwitter始めたこと書いてあった。

6月15日(月) ◇twitterがアメリカでブレイクして、日本でも広がってきた。深呼吸する言葉に最適な文字数と機能なので、使ってみる。

via 無料出版オンブック:オンブック社長ブログ

いろんなコンテンツがあって見切れないんだけど
ちょこっと社説クリックしたらこんな言葉が飛び込んできた

組織の中で「一緒に何かを作る」という意識が失われれば、
その組織は人間的な活力を失い、冷たい機械的なものになる。
組織が右肩上がりで膨張しても、誰一人、充実感を持つ者はいなくなる。  
僕は企業がM&Aを繰り返して膨張している時に、
「逆だ逆だ」とつぶやいていた。
組織は拡大して都市になるべきではなく、分解して、
小さな地域規模のコミュニティ(村)になるべきだと思った。
これからの社会における組織は、トップシェアを誇るだけで内実の寂しい巨大組織を目指すべきではなく、個人と個人が関係性を保ち、先輩が後輩の面倒を見ることが出来る程度の「地域」としての「会社」を無数に作っていくべきだと思う。  
近所の豆腐屋は、老人夫婦でやっている。
毎年、いつも同じ売上げだが、倒産しない。
「オーナーシェフ型」の小さな単位の商店や会社であれば、右肩上がりの成長を目指さなくても、一定の客さえつかめば、持続した組織形態が保てるのである。
暴力的に拡大するチェーンストア的なスーパーマーケットが、豆腐屋を駆逐しさえしなければ。

デメ研・ニュース: 社説・社会に教育を!

きつかわゆきお氏→橘川 幸夫氏 「ロックする思索者」
橘川氏のお名前はなんとなく知ってましたが、
「ロッキングオン」の雑誌創刊で関わってらしたんですね。
(ロック雑誌全般あまり読まないけど
欲しい記事が載ってるのはたまにネット注文してたという程度)


所長 橘川幸夫(きつかわ・ゆきお)
’50年2月4日、東京生まれ。’72年、渋谷陽一らと音楽投稿雑誌「ロッキングオン」創刊。’78年、全面投稿雑誌「ポンプ」を創刊。その後、さまざまなメディアを開発する。
’83年、定性調査を定量的に処理する「気分調査法」を開発。
商品開発、市場調査などのマーケティング調査活動を行う。
80年代後半より草の根BBSを主催、ニフティの「FMEDIA」のシスオペを勤める。’96年、株式会社デジタルメディア研究所を創業。インターネット・メディア開発、企業コンサルテーションなどを行う。
’04年、小規模コンテンツ流通システムとしてのオンデマンド出版社「オンブック」を創業。’06年、文部科学省の「新教育システム開発プログラム」に「ODECO」が採択され、開発・運用。’07年、「教育CSR会議」を立ち上げて、企業・社会と公立学校をつなぐための回路作りを推進。
’08年、「インターネット時代の新体詩運動」として「深呼吸する言葉ネットワーク」を推進。原稿執筆、講演など多数。
<著作> 『企画書』(’80/宝島社)
『メディアが何をしたか?』(’84/ロッキングオン社)
『ナゾのヘソ島』(’88/アリス館)
『一応族の反乱』(’90/日本経済新聞社)
『生意気の構造』(’94/日本経済新聞社)
『シフトマーケティング』(’95/ビジネス社)
『21世紀企画書』(’00/晶文社)
「インターネットは儲からない!」(’01/日経BP社)
『暇つぶしの時代』(’03/平凡社)
『やきそばパンの逆襲』(’04/河出書房新社)『風のアジテーション』(’04/角川書店)『自分探偵社』(’04/オンブック)『ドラマで泣いて、人生充実するのか、おまえ。 』(’08/バジリコ)ほか
共著、編著多数 ほか共著、編著多数

via デメ研・ニュース: 所長:橘川幸夫

著作は読んだことないけど『やきそばパンの逆襲』とか、
『ドラマで泣いて、人生充実するのか、おまえ。 』の
タイトルはどこかで見て知ってたので有名ですよね。
(いろんなとこで話題になってたような気が)
わたしにとっては、
ひらがなのきつかわさんの名前のほうがしっくり。
きつかわさんの言葉は
生き生きとみずみずしく、鋭くてやわらかく、
ぶれない視点が保たれた
深く蒼い空間の拡がりが感じられる。
初めて感激したときの気持ちを
ずうっと大切にしている人だな、と思った
わたしも忘れずにいたい。
たぶんそれがきっとエキスだ
ドラマで泣いて、人生充実するのか、おまえ。


きつかわゆきお (metakit) on Twitter
デメ研・ニュース: アーカイブ

カテゴリー: AutePost from Posterous

COTTON100%


98年同文書院刊に1章を加えた復刻新版
アキラ氏処女作
Cotton100%
この本は1988年、
29歳のアキラさんが戦争中のイランの中で
精神的な危機と、いつ命を落としてもおかしくないような
ほとんど狂気のようなイランの戦火の中を横断した
一ヶ月の間に、書き上げたものだそうだ。
なぜそんな状態の中、そんな危機的な状態の中で
40度も越す部屋の中でこの本の物語を
一心不乱に書いてたのだろうか・・
しかも書いた紙さえ無事に残る確立の低い環境の中で
それはこの本を読み終わる頃に、
アキラさんの伝えたい気持ちが
ふいに突然降ってくるような仕掛けになってた。
その一点に集中させ終了させる形となっていた
なんてシャイな人なんだろう
わたしは読み終えるころにそうつぶやいた
奇跡的に残った物語のアキラさんの処女作
恋人との別れ ホームレスの日々
麻薬の売人 麻薬漬けの日々
あらゆる麻薬の中でもヘロインが一番怖いらしい
麻薬にまつわる約束されたような展開
アキラさん20歳のころのニューヨークから
サンフランシスコ、そしてまたニューヨークへの旅路
アンディ・ウォーホルから奨学金を受けて
ニューヨークアカデミーに入ったりと
中身は目まぐるしく展開して濃い内容
アメリカ生活の5年間での体験をフィクションも交えつつ
実体験がてんこ盛りになってる、、のだそうだ
初版が98年で、01年2月、同文書院が倒産絶版となり、
04年11月25日に復刻された。

レビューより抜粋
すべてはここからはじまった。
AKIRAの原点は、すべてこの作品に濃縮されている。
ホームレス、ジャンキー、泥棒にまで堕ち、アメリカの底辺を旅した魂の記録である。
出版社の倒産によって廃刊になった幻の処女作がついに復刊!
新たなる一章と数奇な運命を描いたあとがきが加筆され、現代の神話は完成した。
「たとえばこの平均台を歩いていけば、
安定した地位や名誉や成功が待っているよと誘われる。
もしもそこから落ちたらば、真っ暗闇の地獄だぞって脅される。
みんなあせって青い顔してバランスとって、
このせまーい一本道をだまって行進してくんだ。
オレだって、踏みはずしたときゃビビったよ。ところがだ、
落ちてった先にはいったい何があったと思う?
地面だよ。
落ちろ! 落ちろ! 落ちろ!
そして目覚めろ!!」
つまづいて、傷ついて、へこんでる君へ、
オレといっしょに旅に出てみないか?
五年間にわたるアメリカ大陸放浪を凝縮させたロードノベル
黒人、インディアン、ホームレス、娼婦、エイズ患者、
麻薬中毒者、ギャンブラー、アーティスト、
社会の底辺に暮らす人々との出会いから 、
誰も描きえなかったアメリカの深層部が見えてくる。

この本は、「神の肉テオナナカトル」を読んでから
読もう読もうと思いつつ早2年も経ってしまった
「神の肉テオナナカトル」の大きなキーワードは
アキラさんの父親の死だった
この本は父親の死を最期に知って締めくくり、
「神の肉テオナナカトル」への序章になっている。
この本のもうひとつのキーワードが911事件。
どちらの本も共通して「生」と「死」
そして「落ちろ」がテーマとなっている
アキラさんの「落ちろ」は
実は落ちてもいいんだよ、という
もっとやんわりしたメッセージなんだけど、
綴られていく内容はすさまじく激しい
出会う人たちが凄く濃い
この本を読む人って、この本を手に取る人って
もしかしたらどっか共通点があるんじゃないの?
わたしは読み終えてからそんな思いにかられている。
ろうそくの火がくすぶってる魂の危機状態
もしくは飢餓状態
それに近いような状態が
この本に吸い寄せられてくような気がする
それはわたしだけじゃないんじゃないだろうか、と
ろうそくは、奥にあったこみあげるエネルギーを察知して
そうだったと思い出したように燃えはじめる
それを感知して初めて、ああ、自分はかなり
火が消え入りそうな状態だったのかもしれない、と自覚する
この本は生き返らせるエネルギーがある
なぜか妙にそう思えたというか実感した
だからこの本読んだ人も
同じような感慨を得るんじゃないだろうか、と
最初は、いや、ほとんど読み終えるすぐ手前までは
なにやってんの?アキラさん これってちょっと・・
想像以上で読んでても想像超えたシーンがあって
なかなか前に進まなかったりで手が止まって
時間を置いてからまた読み進めたりしていた
情けない姿 なにこれ これじゃもう
命捨てて自暴自棄になってるんじゃない?
なのにめちゃくちゃ明るい文章だよ
ジョークいっぱい
わけわかんない どうなるのよこの後・・
それにこの内容 これってもう
女性向けじゃないよね
・・ってなんだか除け者にされたような
置いてけぼりにされたような疎外感まで感じるのに
もう途中で投げ出すことができなくなってしまってる
そして・・・ 最期のほう、911の事件のあとの
20年ぶりのニューヨークの変化の記述から
すぐそばにアキラさんがしゃべってるかのような臨場感が迫ってきた

オレたちは「まちがいから学ぶために生まれてきた」んだ。

前から思ったアキラさんのイメージはやはりそうだったと確信した。
やっぱりアキラさんのオーラは赤だと
(オーラ RED)
ウソつき!! だとも思ったりする
でも普通以上の正直さが重なったアンバランス
バランス取ろうとしたら
こんなとんでもない体験まで行き着いてしまったの?
なんてつらつらと話しかけたくなるような。。

(ホームレス仲間のマヤの兄弟の言葉から)
p.186
アミーゴ、我々とおまえと宇宙の真実を分かち合うのだ。
古くからマヤ人は“時の番人”と言われてきた。
つまりだな“時間そのものが神だ”ということを知っていたのだ
(ホピ族のカチーナ人形彫氏のペンティワさんの言葉から)
P.202
わしのような敗北者がこんなことを言うのも変じゃが、
わしは白人を憎んではおらん。
彼らはわしらインディアンの心に深いトゲを刺したが、
彼らも彼らで心にトゲを刺しておる。
わしらには自分のトゲも、彼らのトゲも抜いてやることが
できなかった。刺されたら刺し返すというのは
呪われた蛇の循環じゃ。我々は祝福された蛇の循環
『RORD OF LIFE 生命の道』にもどらねばいかん。

たしかに
一緒にプチ旅したみたいな気分になって
アキラさんに振りまわされて
遠心分離機にかけられたみたいでw
ちっとも楽しくなくむしろしんどかったけど
結局はステキなトリップになってたよ
ありがとう アキラさん
アキラさんがずずーっと奥底まで行って
一緒にちょっとだけ見に行かせてもらって、
帰ってきたような感触
落ちる先への案内人みたいな・・

【関連エントリー】
– 「神の肉テオナナカトル
generated by 関連エントリーリストジェネレータ