カテゴリー: rock

動画のジェフ・ベックにキュンキュン(Classic Rock Awards 2016Tokyo)


最近、相変わらずレイ・ハラカミさんのアルバムに加え
坂本龍一さんのピアノのアルバムを聴くようになってます。
基本静かな曲が好み(聴いてるの入浴中だけなんだけど)。ハラカミさんに似たセンスの曲ってないかなぁと探してみてもみつかりません。

ところで久々にジェフ・ベックの音を聴いたら 新鮮に聴こえて。
やっぱりこの人の奏でる音は大好きと再確認しました。

Classic Rock Awards 2016Tokyo,
ジミー・ペイジが演奏もせずに、ジェフとセッションせず紹介しかしなかったと話題になってる。
最高額30万もするチケットもあったらしく、詐欺まがいのイベントだと言われてる。

ニュース見ると、イベント広告見ればほんとジェフ・ベックとジミー・ペイジの共演にしか受け取れないわよね。確かにひどいわ。

まぁちらっとこのイベントのことは知ってはいたんだけどジミー・ペイジと共演とかという内容まではチェックしてなかった。もしくは見ても気にとめなかったんだと思う。チケット代1,7000円だったか、高すぎて(交通費などで他に3万くらいかかる)行く気にもならなかった。

イベント終わって話題になってるので動画で確かめたら演奏してるジェフ・ベックの姿に、キューンとしました。あーやっぱりステキ。ちょっと元気もらいました。
良かったーお元気そうで。

元気バリバリがわかってて演奏が期待できるならもう一度行きたいかなと思ってはいるんだけど、がっかりするのが怖いという不安とあんまり今どうしてるのかチェックもしてなくて時間もお金もどうしようかなーもったいないかもという迷いも出て行く気にならず。ましてやこのイベント、結果的には動画ちょっと観た限りではあるけれども行かずに正解だったわ。ベックの演奏にはウルウルするけど。(来年の来日ツァーは迷ってるとこ)

これがもしチケット買っててベックが紹介しただけで立ち去ったりしたら、かなーり涙だっただろうなぁ。
観たいのはジェフ・ベックだけですから。ジミー・ペイジファンだったらそりゃ腹立つだろうなー。

Beck’s Bolero, Superstition, Going Down
3曲だけだし。
うーんやっぱりチケット代高いわー。ジェフ・ベックしか見てないからなんだけど。ジェフ・ベックだけで充分だし。一音一音にうっとり。さすがです素晴らしいほんとに変わらずカッコいい。

Classic Rock Awards 2016Tokyo

 

広告
カテゴリー: AutePost from Posterous, music

Jeff Beck Japanese TV sukkiri Interview


きゃ~ん 今週頭はTVに結構出てたらしいけど、
全くチェックできなかったので有り難いー。

覚えた日本語は「スイマセン」
趣味は家庭菜園 トマト、ポテト、タマネギとか
68年から身体の調子がいいのでベジタリアン

カテゴリー: album, AutePost from Posterous

ジェフ・ベック『エモーション・アンド・ロコモーション』


とうとう届いた

発売記念
超限定スペシャル企画の初回版特典付き

上写真中央の上部にうっすらと見える茶色に金文字サイン入ってるのがピック
(ごめん、ピンボケでよく見えないですよね)

気になるのは、来日のバックステージ・パスのこと。
その記念すべきパスを手にする方法。

CDの包装には
1.フェンダーUSA特製ジェフ・ベック サイン入りピック<封入>
2.超限定スペシャル企画! 応募ご案内<締切3/31>
バック・ステージご招待、あなたのギターにジェフが
直接サインをプレゼント とある。

応募する人はギター持ってるの当然とwww

「詳しい説明はCD帯裏にて」とあり、そこには
ツアー各地域で限定1名を招待 と書いてある。

そこに載ってるサイトURLにアクセスしてエントリーする。

応募には、キーワードが必要で、
ヒントは日本盤CDの中にあると。

CDの中の解説がヒントとなっていたけど、
なんてことないファンなら当然知ってる(?)ことだった。
それにしても何でこれをわざわざクイズに出してるんだろう。

コンサートチケットを用意しておくことが条件というのは当然だけど、
そこにふしぎなことが書かれてある。

「東京は、いずれかの一日となる予定です」

えと、東京のは 4/10(土)JCBホール、12(月)、13(火)国際フォーラム

ちょ・・ なにこの融通の利かない

というかすでにチケット売り切れなんじゃないの?
その日ってここに書いてあるのを読む限り、
あちらから指定される・・の?
うわぁ・・あんまりなんじゃないかなぁ

いえどうせ行けないので私は応募もしないけど
いくらラッキーチャンスとはいえ・・うむむぅよねー

もし行けるとして、応募して当たってしまったら
すでにサイン入りのベース持ってくわけにも・・いや、
ジェフに見せるためにわざわざって手もあるなと
一瞬だけ妄想に入ってにやにやしてしまった

このアルバム特典で嬉しいのはボートラと、
ジェフによる楽曲解説が入っていることと曲の翻訳かな。

細川氏の解説では、実際ジェフと会って話したときの印象が強く、
アルバムの内容はまるで予想とは違ってて意外だったと書いてあった。

わたし個人としては、やっとリリースされるアルバムが
そのような細川氏がイメージしたようなものだったら却って面食らっていただろう。

次はオーケストラを入れたクラシックな曲を・・という言葉をずっと間に受けてたわけ。
とはいえ、いかにも昔からのジェフらしいR&Bも入ってる。

細川氏は、ギター・プレイに関しては
初めて本作で進化しなかったアルバムという位置づけと
進化したテクニックではなく
圧倒的な歌心に彼は挑戦し成功させたと書いており、
わたしもそう思った。ジェフ・ベックはジェフ・ベックだ。

現在のジェフをまっすぐ届けてくれるアルバムだった。

B003634D38

最初の一曲目の繊細さにうっとり。
この音色を待っていた
沁みこんでいって“ハンマー・ヘッド”で熱をもたせてくれる
“スリーン”のホーミーと軽快な太鼓と
優しい音色のウィルケンフェルドのジャズベが素敵
“誰も寝てはならぬ”
この曲の終わり方は何か失うような寂しさに包まれた。

“ノー・アザー・ミー”ジョス・ストーンいいんだけど、
フェードアウトしちゃうのが惜しい
“エレジー・フォー・ダンケルク”でまたうっとりする美しい曲
そして最後のボートラ“クライ・ミー・ア・リヴァー”
ジェフの大好きな曲らしく、それを静かな曲調で締めくくってる
疲れてるとき聴いたらそのまま寝入ってしまいたくなりそう

Posted via web from kisato posterous

カテゴリー: AutePost from Posterous

Jeff Beck / Emotion & Commotion 悩ましい予約


B003634D38

1. コーパス・クライスティ・キャロル
2. ハンマーヘッド
3. ネヴァー・アローン
4. 虹の彼方に
5. アイ・プット・ア・スペル・オン・ユー
6. スリーン
7. ライラック・ワイン
8. 誰も寝てはならぬ
9. ノー・アザー・ミー
10. エレジー・フォー・ダンケルク
11. プア・ボーイ * Bonus Track
12. クライ・ミー・ア・リヴァー * Bonus Track

■ロック、ジャズ、クロスオーバー、ジャンルの或など超越したまさに唯一のジャンル、それがジェフ・ベック!そして、それを証明する充実の作品がこの最新作『エモーション・アンド・コモーション』。

■最新アルバム『エモーション・アンド・コモーション』は、2003年の前作『ジェフ』から7年の歳月を掛けて発表された、ジェフ・ベック名義のスタジオ作品。セッション作品や企画作を除いた14枚目にあたるアルバム。
■プロデューサーには、ZTTレーベルの鬼才トレヴァー・ホーンとスティーヴ・リプソンを迎え、ZTTのサーム・スタジオ(ロンドン)で制作された作品となっている。
■参加メンバーは、ドラマーにビニー・カリウタ、ベースには、そのテクニックと愛らしいキャラクターでも人気のタル・ウィルケンフェルド、キーボードにジェイソン・リベロという近年活動しているタイトな布陣。
■さらにゲストには、3人の女性が参加。 グラミー受賞シンガー「ジョス・ストーン」、注目のスウィンギン・シンガー「イメルダ・メイ」、そしてソプラノ歌手の「オリヴィア・セイフ」がアルバムに個性豊かな華を添える。
■ベックの魅力満載のオリジナル楽曲では、ワウ・ペダルを使ったワイルドなオープニングから、エッジの効いた鋭く展開する「ハンマーヘッド」、そのギターから、イマジネーション溢れる自在な音色を繰り出し、その美しいメロディに思わず心を奪われる「ネヴァー・アローン」といった楽曲を収録。

1. Corpus Christi Carol
2. Hammerhead
3. Never Alone
4. Over The Rainbow
5. I Put A Spell On You (featuring Joss Stone)
6. Serene
7. Lilac Wine (featuring Imelda May)
8. Nessun Dorma
9. There’s No Other Me (featuring Joss Stone)
10. Elegy For Dunkirk (featuring Olivia Safe)
1. Stratus
2. Behind The Veil
3. Nadia
4. Big Block
5. Brush With The Blues
6. A Day In The Life

今回の付属フィギュアは、可能な限りのジェフ・ベック・モデルの再現が施されているという。ロック式ペグ&ローラーナット、2点支持のブリッジなど、細かいながらも外してはならないポイントがきっちり押さえられているようだ。ヒールカット部分はどうなっているのだろう、シグネチャーは入っているのか?ネックは極太なのだろうか…と、 どうでもいいことまで気になってしまうが、フェンダーUSA公認である時点で、十分な満足度が得られそうだ。ちなみに、オリジナル・アルバムにギター・フィギュア(フェンダー・ギター・コレクション)がセットされるのは、このプロダクトが世界初のこととなる。

また、このフィギュア付きプロダクトには、エリック・クラプトンが主催した<クロスロード・ギター・フェスティヴァル>に2007年にジェフ・ベックが出演した際の映像が6曲収録されたDVDも付属することが決まっており、映像作品が少ないジェフ・ベックにとって、貴重な作品がラインナップされることになる。なお、フィギュア無しのCD+DVDのみのエディションも同時発売となるので、フィギュアに興味がなくとも作品だけの入手が可能だ。

とうとうニューアルバムが出るのだけど、

国内版(Bonus Track2曲)と
US版(Bonus Dvd)とさらに
「ミニチュア・サイズで忠実に再現したギター・フィギュア」付きの
CD+DVDが発売される

すぐ国内版のを予約したんだけど、ちょっと立ち止まって
予約取り消して別の買うか悩んでしまった。

で、結局はBonus Track2曲付きの国内版に落ち着いた。
同じような内容やDVDも別にいらない。
ぐらついたのはミニギターだw
幾らなのかまだわからないのがミソ。
よく考えてやっぱりBonus Trackのほうを選んだ。
(サイン入りフェンダーUSA製ピックも来日のバックステージパス抽選券もいらないんだけど)

24日発売だからもうすぐ聴けるね。わくわくモード。

で、あのadagiettoは幻の曲になっちゃうの?
あんなに美しい曲が・・ちょっと残念

Posted via web from kisato posterous