カテゴリー: つぶやき

『心の傷〜トラウマからの解放 』を観て


10/28 : 追記編集済

心の傷〜トラウマからの解放 – Dailymotion動画

薬が効きづらいうつ病や、摂食障害などの複雑な心の病、自傷行為・薬物依存などの問題行動の背景に、幼い頃に受けた虐待や性被害の心の傷・トラウマが深く関わっている場合が多いことが、最新の研究から明らかとなっています。  トラウマは戦争や災害、事件・事故などの惨事に限らず、日常生活の中の身近な問題でも長期に渡りさらされることで、心や身体にさまざまな不調をもたらす原 因となります。そうした中で、最近、トラウマを解消する治療法が登場し、治療の現場で効果を発揮しています。トラウマの記憶そのものを治療することで、多 くの人が心の病や体の不調の原因となっていたつらい記憶から解放される時代となってきています

これまで、トラウマは
あまりにも辛くなる場合、掘り下げたり分析するより
一旦 脇に置いて見ない、なるべく忘れていく
というのがベストだと思っていた。

様々な人を見たり考えたりいろんな体験をして、
思い出しても冷静に受けとめられる時期が
やがてやってくると信じるしかなかった。

なるべく思い出さない。
その努力が一番楽にやりすごす方法だと。

この番組で紹介されていた新しい治療法に驚いた。

トラウマとなった状況を思い出した時(一番辛い時)、
右脳のある部分が偏って刺激され興奮状態となって
左脳の理性が働かなくなったところを、
瞳の動きや反復運動によって中和するような作用をし、
高ぶった感情が静まるという。
辛さが楽になるのだそうだ。

これはすごい。
ようするにおおざっぱに言えば、
溜まりこんだ感情を、瞳の動きの運動で流してしまうのだ。

その番組での映像は、
トラウマを思い浮かべたまさにそのときの感情的になった興奮状態が、
まるで動きの鈍った濁った塊のような印象を受けた。

トラウマの塊。こだわりの形?

瞳の動き(視力回復運動にもある左右に目を動かすやりかた)によって
刺激され血流がよくなり、左右の脳の情報が
脳幹を通してうまく行き来できるようになり、
塊のようなものが消える。

思い出したくもなかったシーンが浮かび上がったとき、
瞳を左右に動かしてみてみれば、心の変化があるのかもしれないのだ。

そうした辛い思いは、突然湧きだしたかのようにでてくることがある。
そのとき、この方法を試してみるといいかもしれない。

番組では、専門のカウンセラーにやってもらうけど、
ひとりでやってみてもいいかもしれない。

ひとりでできるなら素晴らしい。
副作用も無く簡単な方法だし、
やってみる価値が大いにあると思う。

そうだ、日常でも感情が高ぶって困ったときにも
瞳ギョロギョロをやってみよう。

この番組ではこの方法の他に、カウンセラーが話を聞き、
ポジティブな方向の多角的な見方や考え方を提示してたけど、
こうしたカウンセラーに恵まれるのは期待できない気がする。

よく知りもしないカウンセラーに
一番傷ついたことを話すのはかなり勇気がいると思うし、
そうなるまでのカウンセラーとのコミュニケーション?
トラウマの中身にもよるのかもしれないけど、
カウンセラーを探すことさえ難しいと思う。
話してもいいと思えるまでの
カウンセラーとの信頼関係を築くことを考えると
面倒くさいなぁとも思う。

その番組から、カウンセラーとの話しからヒントをもらうとすれば、
瞳ギョロギョロをやって気持ちが落ち着いたら、
静かに自分を客観的に見つめる練習をしたらいいのかもしれない。
なにかしら道が開ける気がする。

それにしても脳って本当に不思議だ。

脳と精神状態との関係、こころとの関係。
脳は単なる受信機のようなものという説もある。
こころは脳にあるわけではないという説もある。
そういえば、眠りに入った後脳細胞は約60%収縮して、
脳脊髄液が脳内を流れ老廃物(蓄積するとアルツハイマー病の
発症につながるとされているアミロイドベータと呼ばれる
タンパク質が含まれている。)が排出されるのだそうだ。

毎日の睡眠は、脳にとっての呼吸のようなものかもしれない。

少なくとも、こころの状態が脳に影響するだけではなく、
脳の状態がこころへ影響を及ぼしているのは間違いないようだ。

現実を見て感じていると思っている
わたしたちの意識や判断は、
なにかあやふやな現象にも思えてもくる。

カテゴリー: movie

『グスコーブドリの伝記』


このお話は読んだことがなかった。
原作読まずに映画を見たら、
最後に血の気が引いて後味が悪いだけになってしまった。

原作を読んでみてわかった。
原作を知らずに観たからだった。

原作はここ→ 宮沢賢治 グスコーブドリの伝記

妹は生きてて再会できるし、最後もいきさつがわかって
その辺もちゃんと表現してくれればまだ納得できたのだった。

大事な点がはしょられて、あの裁判の場面なんていらなかっただろうと思う。
工場長の件だって、父親の遺体を黙って葬ってくれてた
気遣いがあったという点だってかなり重要だと思う。

でも、絵がほんとうにきれいだった。
なにしろますむらさんの絵だ。
絵を見る意味ではお勧めしたい映画。
絵だけだ。

main

カテゴリー: AutePost from Posterous

医師 ハンター・アダムス


ゆうべ、ハイビジョンでやってたのを観た。 再放送するらしい。

BShi 2010年 4月 3日(土) 放送時間 :午前10:00~午前11:15(75分)

映画「パッチ・アダムス」のモデルで、クラウニングの創始者として知られる、米国の医師ハンター・アダムスさんに話を聞く。クラウニングとは、クラウン(道化師)が病院を訪れ、愛とユーモアによって患者の心をケアをするもの。権威主義に満ちビジネス化した現代医療に疑問を抱き、人を思いやる医療本来の姿を取り戻そうと闘うアダムスさんの姿から、未来の医療への処方せんを探る。聞き手は、医師でピアニストの上杉春雄さん。

【ゲスト】医師…ハンター・アダムス,  【きき手】医師・ピアニスト…上杉春雄

映画「パッチ・アダムス」も知らなかった。

こんな人がいたなんて!!

誰もが変だと思いつつどんどんそんなものだと 思考が麻痺していくのが怖い。
変えるなんてどうやって、そんなことして反発は? あってはならないどす黒い疑問が沸いてきて愕然とした。

だけど一瞬で解ける可能性もきっとあると思わせる。

映画は98年制作 アダムス氏は日本にも何度か来日し、
すでに国内では クリニクラウン、ケアリングクラウンが誕生し活動してたんですね。

日本ケアリングクラウン研究所:トップページ

日本クリニクラウン協会 NPO CliniClowns Japan

B0002T1YZ4

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

パッチ・アダムス

パッチ・アダムスPatch Adams, 1943年12月29日 – )は、アメリカ合衆国の医師で、本名はハンター・アダムスという。ワシントンD.C.の生まれ。トム・シャドヤック監督で、ロビン・ウィリアムズの主演になる映画『パッチ・アダムス』の実在のモデルである。

学生時代から、金儲け優先の医療のあり方に疑問を持ち、愛とユーモアを根底において、人に優しい医療を目指す。1971年に医学部を卒業すると、ウェストバージニア州のポカホンタスに、自分の目指す医療のできる、しかも無料で医療サービスの受けられる病院「ゲズントハイト・インスティテュート」(お達者で病院、die Gesundheitは、ドイツ語で誰かが突然くしゃみをした時に、そばにいる人がいう台詞で、「大丈夫?」「気をつけて」「お大事に」といったニュアンスの言葉である)を設立。12年間そこで無料の診療活動を行った。

将来新たに建設を目指している新たな「ゲズントハイト・インスティテュート(アメリカではクリニック)」は、ウェスト・バージニア州に予定されており、総合医療の全般とヘルスケアの病院になることを期待されている。

パッチ・アダムスは、さらに社会的な活動家でもあり、一種の民間外交官でもあり、プロの道化師、アーティストで俳優でもある。たとえば、彼は毎年世界中のボランティアたちと共にロシアに出かけて、孤児や患者やそのほかの大勢の人たちを喜ばせたり、希望を持たせるようなチャリティ活動をしているし、1998年にはボスニアにも出かけている。

思想的にはノーム・チョムスキーに共鳴しているという。

ハンター・アダムス(医学博士)
1945年5月28日、米国ワシントン生まれ。父親が軍人であったために、幼少期はドイツに7年、日本に3年、その他様々な国で過ごした。
16歳の時に父親や親愛していた伯父の死のショックから、自分自身の存在理由や人生に対する深い失望感から自殺願望に苛まれ、精神病院に自主入院。 そこで出会った同室の友人とのコミュニケーションから、「愛の持つ力」を魂で実感した彼は、“笑い”が人の心や体の病を癒すことに気付き、医師になることを決意した。
1977年に医学学士号を取得し、1年間の小児科研修を経て、共同体形式による無料診療の病院「Gesundheit Institure」を設立。(Gesundheitは「お元気で」という意味のドイツ語だそう) 患者無視の権威主義に根ざすビジネス化した医療を否定し、愛とユーモア、そして医師と患者との友情を診療に取り入れた「夢の病院」で、のべ15万人以上にも及ぶ患者のケアにあたった。
また、数々の劇を書き、プロデュースし、時には出演もするプロの道化師でもある。さらに独立州連邦を何度も訪れ、国家間の平和の可能性を探る市民外交官としての側面も持つ。
現在、ウエストバージニア州ポカホンタスに高度な医療設備を含め,菜園や図書館,運動場,居住地までを備えた新しい病院施設を建設中。これらの資金はすべて,同氏の活動に共感し支援する,世界の企業,一般市民からの寄付によるものである。また彼と同じ志をもつ1000人以上の医者が参加を申し出ている。

Gesundheit! News | Gesundheit Institute

Posted via web from kisato posterous

カテゴリー: 未分類

『アンヴィル!夢を諦めきれない男たち』観てきた


アンヴィル
このバンドも知らず、
当然曲も知らないしアルバムも聴いたことないのに、
この映画のおかげで、アンヴィルの音の好き嫌いは別として
ヘビメタ好きじゃないけどヘビメタでは
一番身近に感じられるバンドとなったw
Anvil
Lips(vo,g) Robb Reiner(dr) G5(Glenn Five)(b)

これは素晴らしい映画だ!と、
キアヌ・リーブスが応援団長に就任、
ダスティン・ホフマンから
マイケル・ムーアまでが映画を大絶賛し、
アメリカ、イギリスで社会現象を巻き起こした
『アンヴィル 夢を諦めきれない男たち』。

ミュージック・エンタテイメント・サイト バークス

10月20日のスペシャルイベント付試写会から、
全国各地での映画上映も始まり、
ようやくこちらでも上映されることとなり観に行きました。
以下関連記事抜粋と感想、映像などもろもろ

“『アンヴィル!夢を諦めきれない男たち』観てきた” の続きを読む

カテゴリー: 未分類

ハリー・ポッターと謎のプリンス


7/15公開
ハリー・ポッターと謎のプリンス
arry Potter and the Half-Blood Prince
映画としては一番最初の『ハリー・ポッターと賢者の石』の次におもしろかった。
展開早くてたぶん見落としてるとこある。
大抵の映画は二度観る気にならないけど、
観た後すぐ、もう一度観たいと思った。
これまでわからなかった謎の中でも大きな謎が解き明かされた。
「あっ」という間に見終わってしまった。
クライマックスで終わった感。
前からだったんだろうけど、
今回は特に、いかにもイギリスの人たちだなぁ、
(冷ややかさ)と思う映画だった。。
特別どきどきしたりわくわくしたりするシーンは、
あまり無かったけど中身が濃くて消化しきれず
画面が凝ってるのにあっという間に過ぎてって目が離せなかった。
死喰い人(Death Eaters)が飛んでいくシーンは、
酔いそうになりました(え
あのシーンもっと長かったら具合悪くなったかも ;P
石化されたハリーを助けたニンファドーラ・トンクス – Wikipedia おもしろいキャラクターだった。
ハーマイオニー役のエマ・ワトソン、きれいになったなぁ。
それにしても10年に渡る映画だなんて・・なんとも感慨深い。
あ~~~、ひさびさに充足感いっぱいになる映画観たー
主要キャスト陣の写真
エマ・ワトソン胸元あらわ!
『ハリー・ポッターと謎のプリンス』 | マイコミジャーナル

ゼブルス・スネイプ役のアラン・リックマンがなかなかダンディー
最終話は二部作となり、
2010年11月と2011年10月に公開予定だそう。楽しみ!!
ハリー・ポッターと死の秘宝 – Wikipedia

【関連エントリー】
『ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団
(Harry Potter and the Order of the Phoenix)』
-07.8/12
generated by 関連エントリーリストジェネレータ