カテゴリー: album

Richard Ashcroft ソロアルバム


The Verve 1989年結成、そして1995年、1997年、2009年の3回解散していたのだそう。
参考 : リチャード・アシュクロフト – Wikipedia

ソロ 3枚
アローン・ウィズ・エブリバディ Alone with Everybody 2000年
ヒューマン・コンディションズ Human Conditions 2002年
キーズ・トゥ・ザ・ワールド Keys to the World 2006年

ソロ1stアルバムは全英1位を記録したのだそう。
2000年リリース
ALONE WITH EVERYBODY
B00004TEWK

うっとりする

ソロ 2nd

Human Conditions 2002年
B00004TEWK

3rd
Keys to the World 2006年
B000CBO0TY

やっぱりアシュクロットのヴォーカルは グングン惹きられる。

カテゴリー: album

RPA and the United Nations Of Sound / United Nations of Sound


The Verve 聴きたくなってもしかしたら新譜でてたのかなと調べたら
1995年、1997年、2009年に3回解散してアシュクロットがソロだしたり新しくバンド結成してたりしてた。
< ザ・ヴァーヴ Wikipedia

しかもこのアルバムは 2010/7/12にリリースされてた。もう二年も前だ。
すごく好きなのに全然チェックしてなかった。
B003OT4LZY

Are You Ready?

このアルバム、なんでと思うような古い感覚の曲があって
全てがいいわけではなかったけど
うっとりする曲があってほっとした。
アシュクロット健在なりねって いまごろだけど(*´ω`*)

この曲かなり好き
Beatitudes

Life Can Be So Beautiful

カテゴリー: album

Mylo Xyloto / Coldplay


マイロ・ザイロト と読むんですね

彼らが売れるにつれ正直音楽性がつまらなく感じられ
興味が薄れてたんだけど、やはり気になり聴いてみた。

テンションが上がって興奮せずに静かな気持ちで聴ける
夜に似合う きらびやかで透明感 さらさら流れてく気持ちよさがある
VIVA LA VIDAよりこっちのほうが断然いい

B0053YGYO4

カテゴリー: album

Rage Against The Machine 1st


Bombtrack たまりませんね

Rage Against The Machine – Bombtrack

Rage Against the Machine
rage against the machine- guerilla radio (live on letterman)

レイジのアルバム聴いたりyoutube見て、
「BECK」の映画はレイジを意識した作りだったとわかりました。+オアシスという感触デスネ。

それにしても、
レイジをちゃんと聴いてなかったって自分でも不思議です。
めちゃくちゃ好みで、ガンズやニルバーナ聴いててなんで知らないのと
お勧め教えてくれた人から不思議がられたのです(ノ´∀`*)
聴いてからまったくほんとにそうだよねーでw

Alice In Chains やSoundgarden、Pearl Jamとかもチェックしてて
レイジ知らないとはあり得ないですねぇ(*´∀`)ふふふ

どこでレイジのバンド名を聞いたり気になったのかが思い出せないw
ちょっとでも聴いてみたことがあったのか、別のことに気を取られて見過ごしたのか・・。
とにかく、BECKの映画をきっかけに聴いて知ることができて幸せですw
BECKの映画よありがとう、そういえばもうBECKの映画のほうはもうどうでもよくなってしま・・。

97年に初来日
伝説のフジロックだったそう。
BECKで使われたシーンそっくりではないかそうだったのか
フジロックの映像まとめ↓
Fuji Rock ’97 Rage Against The Machine

RAGE AGAINST THE MACHINE聴いてると、身体が熱くなってきます。あったまるよ。
聴いてて自然に身体が動くすごいグルーブ!
だけど夜遅く聴くと興奮して眠れなくなるから。
けど夜聴きたくなるので・・ほどほどの時間選びたい
そういう意味で要注意

彼らが動くときは“怒り”がキーになるらしい
特に行き場のないフラストレーションやストレスを抱えたとき
吹き飛ばす勢いがありそう。

強く1stを薦めていただき聴いてみて納得
このアルバムは聴かなきゃ損だ

B0000028RR
1. Bombtrack
2. Killing In The Name
3. Take The Power Back
4. Settle For Nothing
5. Bullet In The Head
6. Know Your Enemy
7. Wake Up
8. Fistful Of Steel
9. Township Rebellion
10. Freedom

Rage Against The Machine: Settle For Nothing

Rage Against The Machine – Freedom (Fuji Rock 99)

ボーカルの Zack de la Rocha が脱退して
ザック以外の三人がサウンドガーデンのクリス・コーネルと共にオーディオスレイヴを結成
たしかにサウンドはそれぞれ相性ばっちりだけど、どうやらザックじゃないと
あのグルーブは出ないらしい。いいんだけど独特なアクが出てこないんだねぇ。
クリスもいいけどね
AUDIOSLAVE – Set It Off ~ Gasoline

カテゴリー: album

Different Gear, Still Speeding / BEADY EYE


リアム・ギャラガーが組んだバンドBEADY EYE 
3月1日にリリースされてたんですねぇ。
そういえばチェックしてたんですよ。
でもまもなく震災ですっかり忘れて落ち着いてきた頃にノエルのアルバム聴いたんでした。

B004FLKV8Q

で、こっちのアルバムはまさにオアシスの声なんだなぁと改めて認識。
もちろんノエルのと比べてしまうわけで、こっちは明るい。
で、色ぽいんだな。悪くはない。楽しいかんじ。
ノエルは心に届いてリアムのは程良く距離置きつつ楽しめる・・と
ほんとはバンドメンバーの影響もかなりあるんだどうけど
大雑把な感想です。

この中ですごく気に入ったのはこれ
Wind Up Dream