カテゴリー: 未分類

World Premium Live POLICE ポリス


先週の10月4日日曜日、BShi 23 : 30~翌0 : 59 の放送
ワールド・プレミアム・ライブスペシャル~レジェンド・オブ・ロック
その場では眠くて途中までしか観なかったけど後日じっくり観た。 
ながら見なんてできず目が離せないほど素晴らしかった。
熱気が伝わってきて、吸い込まれるように画面に釘付け。
07年、結成30周年目
日本にも来日した彼らの姿はYoutubeなどで観ただけでも、
素晴らしい再結成ライブの様子が伺われたけど、とうとうTVで放映された。
7年5月から 8年8月までのツアーの中の
7年12月 ブエノスアイレスでのスタジアム・ライブ

Live Program
* MESSAGE IN A BOTTLE
* SYNCHRONICITY II
* WALKING ON THE MOON
* DON’T STAND SO CLOSE TO ME
* DRIVEN TO TEARS
* EVERY LITTLE THING SHE DOES IS MAGIC
* WRAPPED AROUND YOUR FINGER
* DE DO DO DO, DE DA DA DA
* INVISIBLE SUN
* CAN’T STAND LOSING YOU
* REGATTA DE BLANC
* ROXANNE
* KING OF PAIN
* SO LONELY
* EVERY BREATH YOU TAKE
* NEXT TO YOU

World Premium Live

もうほんっと素晴らしかったーっ 
スタイリッシュで(身体も音もw)
リズムもメロディーもセンスがよくて もうなにも言うことなし
懐かしい知ってる曲なのに色褪せることなく輝いて
全ての曲が泣けるほどよかった 
これぞミューズの微笑みが見えるような
特にこのブエノスアイレスのライヴは
150回ほどのツアーのまん中あたりで一番いい調子だったらしい 
3人とも絶好調の奇跡のようなライブ 
このアルゼンチンの会場に居合わせたオーディエンス
とてもとても羨ましいけど、この映像観れただけでもとっても嬉しい
音質も映像も素晴らしい録画状態で何度観ても聴いても飽きない
スティングも全く衰えがなく(50代半ばだそうだ)、アンディはさすがにお歳を感じさせるけど
ギターは絶好調で前より動き回ってるのが新鮮でソロがところどころ入ってくるのが嬉しい
(それにしても結局若い時に確立した音は、
音色から一音一音の弾き方全てを含め大きく変わることってないのネー)
コープランドのドラムはもうもうほんとうにさすがで、
彼の音を聴ける、その姿を観られるなんて夢のよう。
時々鳥肌たったりじんわり感動したり
そして心底彼らの音楽が大好きだったんだなと自覚した
もちろん、彼ら自身が一番自分たちの音を愉しんでるのよね
特に、コープランドのうきうきが伝わってくるようなライブだと思う
ありがとー ポリス

カテゴリー: 未分類

taizoさんの夢からSUNAKAZE!!!


そうそうそうそう、
昨日の朝方、泰三さんの夢見たんだった。
しばらく泰三さんのHPやブログとかチェックしてたんだけど、
いつのまにかチェックするのやめてしまってた。
なのに突然、泰三さんと電話で話してる夢を見た。
(実際まだライヴも行ったこともなくお会いしたこともない)
夢の中ではわたしから唐突に泰三さんに電話を掛けたようだ。
「突然ですみません・・なんたらかんたら。」と。
で、夢の中の私はなにか彼に訴えたかったらしい。
そうだ、あの曲のことだ。
「あの曲聴きたいんです!」夢の中でなぜか曲名が出てこない。
わざわざ突然電話しといてそもそもの目的を度忘れって
呆れてものが言えなわね私。
バカじゃなかろーかと自分に突っ込みつつ、一文字だけ思い出した
「砂!」
「えと、砂っ、砂っ、えと・・」これで止まってしまった。
泰三さんが電話口で「えっ?すな???」と言ったあと
何か話そうとしてる雰囲気のまま夢は覚めた。
夢から覚めてすぐ、「砂風じゃないのよ、たくっ」とひとりごちた。
それにしてもリアルな夢だった。本当に話をしたような気さえした。
まさかえっと・・お元気なんだろうかと
実は昨日はそのままその夢のことを忘れて
今日思い出して彼のサイトに行ってみた。
あーよかった・・お元気そうだ。と勝手に気に掛け勝手にほっとしつつ、
最近あがったというYouTubeの映像のことを掲示板でお知らせしてるではないか。

ワタクシのライヴには、CDR,Taizo play’s[J]持って行きますです。
今日、8月19日ROIKI&TAIZO@高円寺ショウボートです。
http://www.geocities.jp/electric_no_mad/liveinfo.html
そして、シャラク7さんのYOUTUBEのチャンネルにて、
ローリン&タンブリンに続き、
「スナカゼ」の映像もアップされています。
http://www.youtube.com/user/sharaku7 よろしくですー。

via 告知っす | エレクトリックの窓掲示板

あったーーーーーーーーーー!!!!!!!!!!!!!!!!! 砂風がっ 
しかも最近の演奏
あのサビの部分にさしかかると鳥肌が立った。
Youtubeで鳥肌。現場で体験してたらさぞかしだと思う。
お元気だろうかなんて・・失礼なほどお元気そうだw
これだよ!! これ!! わたしが欲しい音は!!! 聴きたかった音のうねり。
うん、koshiにくる音!! これぞロックこれぞライヴ!!
なんだか久し~くわたしは、ロックというものを聴いてなかった気がする。
でもね、、今出てくる音に出会いたい。
IMA現在の音を出し続けてるのだよ彼は
そのときにしか聴けないフレーズ、その時にしか生まれないグルーヴ、
それがライヴの醍醐味!!
それにしても、
ようやーーーーっとネットでこうして観て聴けるようになったのね・・。
夢の所望の曲をライヴでこうした形で即聴けて、わたしの願いは叶った。
ありがとう、インターネット、ありがとう、YouTube!
ありがとう、録画してくださった方、アップロードしてくださった方!
ひさびさに「 続De-ga-show」聴こうっと
最初少しもたついたあと、2分半ころからノッてくるところがすごくいい。
酒井泰三Sakai Taizo/ SUNAKAZE
酒井泰三Taizo Sakai(g,vo) ,吉崎マモMamoru Yoshizaki(b)和久ロジャー 高橋Kazuhisa R Takahashi (dr) 小口健一Kenichi Oguchi(key from KENSO)
at STORMY MONDAY in Yokohama(横浜ストーミーマンディ)


また、“酒井泰三&ROIKI //PANKY FOLK・・?//”も素晴らしい!!!! 
思わず身体が反応する
それにしても彼はつくづく、
灼熱の砂が舞う砂漠地帯とか、草の香りの漂う丘陵地帯の景色が似合うとこっそり思う。
そこにはいつも 土と風が息づいている。
酒井泰三&ROIKI //PANKY FOLK・・?//
Taizo Sakai & Roiki
@BARREL HOUSE In IKEBUKURO
To be continued.

こんな映像もあったので貼っておく
近藤等則IMA-TOKYO GIRL

KONDO IMA CHINA DEMONSTRATION LIVE’90

KONDO IMA NO MORE BORDERLINE LIVE’90

酒井泰三オフィシャルHP・エレクトリックの窓

【関連エントリー】
■  Electric Nomad / Live ! Jiro,Break Amphead ! ’06-9/15
■  「de-ga-show」1st&soloの「EAT JUNK」 ’04-3/5
■  酒井泰三氏より◇続De-ga-show スナカゼ談義◇アップしました☆ ’04-1/13
■ 続De-ga-show ’04-1/12
■  続De-ga-show ’03-10/8
■  taizoさんのライブ ’02-11/8
generated by 関連エントリーリストジェネレータ
カテゴリー: 未分類

Obama concert


イベント映像を幾つかメモ
やはり、アレサ・フランクリンは別格ですね。
この映像を観てて涙ぐんでしまいました。
彼女から醸し出される「気」に圧倒されます
あとは気になってたU2とかボン・ジョヴィとか
他にスティーヴィー・ワンダーもクリップ
“We Are One:The Obama Inaugural Celebration”
at the Lincoln Memorial. January 18, Washington D.C (USA)
第44代アメリカ大統領就任記念イベント
INVESTITURE OBAMA 17h45, Aretha Franklin chante


“A Change Is Gonna Come” Bettye LaVette & Jon Bon Jovi

U2 – Pride (In the name of Love)
& City of Blinding Lights @ Obama concert

Stevie Wonder with Usher and Shakira ,Higher Ground Performance ,Obama We Are One Inaugural Celebration (Watch in high quality)

カテゴリー: 未分類

モンスター(ゾンビ) ・バンド、ローディ(LORDI)


Win用ベータ版 Google Chromeで観れたらいいなって
ひさびさにGaO覗いたらなんだこれーっ?!!な
ゾンビバンドのPV観ましたww
フィンランドのバンドだそうです
2008年秋にリリースが決定した最新作
 『ハード・ロック黙示録』のプロモーション来日・・
来日するんですねー 怖ーww
以下の4曲が観られます
放送時間:9/20(土)正午まで
CLIP RING HEAVY METAL  LORDI
「ハード・ロック・ハレルヤ」
CLIP RING HEAVY METAL Track05 LORDI「Hard Rock Hallelujha」
番組時間(CM時間を除く): 3分9秒

ヘヴィメタル、ハード・ロックの新聖地
フィンランド発のモンスター・バンド、ローディ(LORDI)。
そのヴィジュアルに誰もが目を奪われてしまう
彼らが待望のニューアルバムを完成!
ヨーロッパで50年の歴史がある
“ユーロビジョン・ソング・コンテスト”の受賞曲でもある
「ハード・ロック・ハレルヤ」をお届けします。

だそうです。
「モンスターマン(2006)」
「地獄に降る雪」
「フーズ・ユア・ダディ?」
待望のニューアルバムといっても日本デビューアルバムで、
実は地元フィンランドでは3作目とか
すごいほんとにその格好そのメイク 演奏しにくそうwww
ヘビメタといってもハードコアじゃなくて聴きやすい感じで
ルックスはキッスと通じてる
こっちはギターから火が吹くようですw
Monster Show
ハード・ロック黙示録

カテゴリー: 未分類

黄金の洋楽ライブ – マーク・ファーナー・オブ・グランド・ファンク・レイルロード


もう寒いくらい
しとしと雨が冷たい すっかり秋みたいな気温になってる
昨夜なんだかつい観てしまったのだけど、
・・しかも途中から。。
あんまり観たいと強く思って楽しみにしてたわけでもないんだけど、
ちょうど何かやってるかな?とTVをつけたのだった。
で、画面に写ったおじさんたちかっこいいw
えっと・・誰だっけ?
結構歳取っちゃったけど元気も大分無くなったし、
音も昔ほどじゃないし太っちゃったしだけど、
昔の曲聴きたいファンのために
今もがんばってやってますっていうノリなんかじゃないのよね
しっかり魅力的なカリスマオーラ放ってる
なにこの人?!
そしたら 
マーク・ファーナー・オブ・グランド・ファンク・レイルロードだった
こんなんだったっけ?  
たしかもっと土っぽかったというか汗滴りって感じだったというか、
それはそれでなかなかエネルギッシュで
まさにアメリカンハードロックだったと思うんだけど
・・随分洗練されてる!! でほんといい!!  
次にやったジョン・ケイ&ステッペンウルフも
元気だなーと思って見てたけど、
他はもうアメリカンミュージックでつまらなかったのでよく見てない。
とにかくGFR、凄いんだねって書いておく
99年のライヴだから、すでに9年前のなんだけどね
あとでこの頃のアルバムチェックしときたい
グランド・ファンク・レイルロード – Wikipedia

 bs2 黄金の洋楽ライブ  
- リビング・レジェンズ・オブ・ロックンロール -
午後11:00~午前0:29  
1960年代から80年代にかけて大活躍したロック・スターたちが一堂に会し、夢の競演をした「リビング・レジェンズ・オブ・ロックンロール」。99年8月12日から4日間にわたってテネシー州イチクー・パークで開催されたこのコンサートを紹介する。  
出演はトミー・ショウ率いるスティクス、ブリティッシュ・ハード・ロック勢に対抗する存在として活躍したアメリカン・バンド、グランド・ファンク・レイルロードのマーク・ファーナー、「ワイルドで行こう」の大ヒットで知られるステッペンウルフ、ファンキー・ロックの先駆けとして「ゲット・レディ」などをヒットさせたレア・アース、60年代のサイケデリック・ロック・ブームを象徴するバンド、アイアン・バタフライ、80年代初頭、デビュー直後にグラミー賞を独占した「驚異の新人」クリストファー・クロスなどが参加した。  
番組では、彼らをはじめ、いずれもロック史にその名を刻んできたスーパー・アーティストたちによる白熱のステージの模様をお届けする。
[曲目]  
「怒れ!若者」(スティクス)  
「アイム・ユア・キャプテン」(マーク・ファーナー・オブ・グランド・ファンク・レイルロード)
 「ワイルドで行こう」(ジョン・ケイ&ステッペンウルフ)  
「ゲット・レディ」(レア・アース)
「セイリング」(クリストファー・クロス)  
「シスコはロックシティ」(スターシップ・フィーチャリング・ミッキー・トーマス) など

今週の主な番組