カテゴリー: musician

ATATA と MIRROR


ATATA

このバンド、ななーんと国内のバンドなのですよね。
一曲音源出てて試しに聴いてみたら気に入って
何度も聴きたくなって気になるバンドになった。
うれしいなぁ、こういうバンド。

“Fury Of The Year”
元気がでたインキュバスみたいで、
(そうだよインキュバスどうしちゃったんだろう)
JAGA JAZZIST(ヤガ・ヤシスト)のような音作りとテクニック!
センス抜群すばらしぃ 見事に大好きな音

音源はこちら ダウンロード出来る“FuryOfTheYear”
Fury Of The Year / ATATA – ATATA’s Posterous

こっちはm4aからwav形式に差し替えたほう
おめでた続き – ATATA’s Posterous

あれ? ATATA? MIRRORとは違うのかな(・_________・)ん?

ATATA’s Posterous
に見えるTwitterアカからメンバーらしき名を見ると。

Mitsuyoshi Nabekawa
Tatsuhito Ikeya
Dai Torii
Masashi Kaneda
Kenta Iwata
Taisuke Okura

MIRRORのメンバー

Guitar : Takahiro Kimoto
Guitar : Kenshiro Mori
Bass : Masashi Kaneda
Drums : Daisuke Fukuyama

あっ! 微妙に違う、いやひとり Masashi氏
ベーシストだけが重複してたw
そうかそうだったんだ、へぇ。

元気なインキュバスなヤガ・ヤシ節が ATATAで、
繊細ヤガ・ヤシスト版がMIRRORだな、とはわたし流解釈(^Д^ゞ

MIRRORはインパクトのある曲あるのかな~
聴いたことのあるフレーズが出てきて優しく繊細で素敵なんだけど。

で、インキュバスっぽい ATATA注目 期待したくなる
一曲しか聴いてないんだけどね(=゚ω゚=)
ATATAは結成間もないのかな。
レコーディングしたみたいだしリリースがまだなのかな
実はレコーディングをしたんですな – ATATA’s Posterous

謎~ 気になる チェック必須
オフィシャルが Posterous siteなので 早速subscribeした

もっと他の曲聴きたいな~

MIRRORはこちら 二曲聴ける

JAPANESE – MIRROR / recollection – STMonline

2007年7月にCATUNEからリリースされた1stアルバム
「on then in」以来、 約3年ぶりとなるMIRROR待望の4曲入りEPが遂に登場!
MIRRORは東京を拠点に活動するインストゥルメンタルロックバンドだ。
2003年4月にMIRRORの元となるバンド、JOURNAL SPY EFFORTを結成、
翌年6月にCATUNEより1st EP「Self Titled」を発売。
2005年3月にシモムラ サトシが脱退後、nenem、元3cm tourの
オオクラ タイスケ(Dr)が加入し、CATUNE招聘にてMEDICATIONSとジャパンツアーを行う。
2006年12月にオオクラタイスケ脱退後、ギターに杏露虫のモリ ケンシロウ(Gu)、
ドラムに元the SHUWAのフクヤマ ダイスケが加入し、バンド名をMIRRORに改名。

彼らの最大の特色であるポストロック~インストサウンド

引用元: JAPANESE – MIRROR / recollection – STMonline.

RECOLLECTION
B0038X7T6Y

カテゴリー: album, music

アーケイド・ファイア がシェアしてきた参加型PV


SKY Perfect TV! 271ch MUSIC AIRでちょこっと観てたら目にとまった。
5年前あたり(?)のTV番組ジュールズ倶楽部にフー・ファイターズも出てたもの

MUSIC AIR番組表 ジュールズ倶楽部 第163夜 MUSIC AIR

ARCADE FIRE
曲は“Rebellion”“Power Out”
あー、この人たちおもしろいな~と思ってHP探して見た。

The Wilderness Downtown

なにか真ん中にデンと検索窓がある。なんだろう、視聴できるリンクないの?
とサイト内から離脱してちょっとググッたら、ここにとんでもない仕掛けがあるという。

やり方は、この検索窓に住んでる所とか好きな都市名を打ってEnterすると
PLAYボタンが出てくるのでそれをクリックするとPVを観ることができる。
ただしブラウザはGoogle Chrome。わたしの使ってる ChromePlusもOK。

Googleと提携してて場所を入力した時点でなんとなく察することはできても
まさかの展開だった。幾つもポップするウィンドウは慌てて閉じないように。

詳しい記事がこちらに。
Arcade Fire “We Used To Wait”(PV) | O.S.R. is cute
Arcade Fire “Used To Wait”のビデオがとんでもなく凄すぎる件について | Indie Rock Party & Journal : WONDERKIND

“「凄い」「感動した」「とにかく観てみて」”
なんかもうそんな言葉に微動しない自分がいるなと思いつつこのPV観てみた。

で、ほんとにびっくりして感動した。
そう、哀しく沈み込むのが身近になってたのか、
感動ってどんなものだったか忘れてたかのよう。

観てる人を巻き込んでそれぞれの人たちの記憶と重なった
それぞれの思いと一緒に彼らの曲が流れてく。
曲を提供しながら観てる人に参加させてしまう。
何か書き込むとそれが成長したりするページで思わずスゴイーて声が出る。
たぶんここで他のみんなも目をキラキラさせちゃうんだろうな~。

そしてその後、この曲聴くだけで条件反射のごとく
このPVを観た時の気持ちが呼び出される。

得も言えぬ思いに駆られながら聴いてしまう。
このCM効果はほんとヤバい。ヤラレるな~。
参加型プロモビデオだなんて。

驚きと感動のセットってインパクトあるネ

↓こんな感じ

“We Used To Wait”が入ってるアルバムは『The Suburbs』

The Suburbs
B003O85WTY

アーケイド・ファイア (Arcade Fire) はカナダ、ケベック州モントリオールを拠点とするインディーズ・ロックバンド。

ウィン・バトラーとレジーヌ・シャサーニュの、後には夫婦ともなる二人によるソングライティング・ユニットを中心として結成、デビューは2003年発の7曲入りEP『アーケイド・ファイア』。オルタナティブ・ロックを基礎に置いたサウンド、様々な楽器を駆使しての重層的でクラシカルなアレンジ、メランコリックで陰鬱な詞世界が特徴。しかしその魅力の真髄はライブにあり、メンバーそれぞれ楽器を持ち替えながら、目まぐるしく有機的で熱狂的なステージ・パフォーマンスを展開する。

引用元: アーケイド・ファイア – Wikipedia.

カテゴリー: 未分類

Jeff Beckがくる


————-追記:
2009-12-07 公式発表されました 

<来日公演日程>
2010年4月5日(月)名古屋市民会館
[問]CBCイベント事業部 052-241-8118
2010年4月7日(水)グランキューブ大阪
2010年4月8日(木)アルカイックホール
[問]大阪ウドー音楽事務所 06-6341-4506
2010年4月10日(土)JCB HALL
2010年4月12日(月)東京国際フォーラムホールA
2010年4月13日(火)東京国際フォーラムホールA
[問]ウドー音楽事務所 03-3402-5999
※東京公演は、12月19日(土)チケット発売
via Jeff Beck : ジェフ・ベック、2010年も精力的な活動で来日決定 / BARKS ニュース


どうやら来年の春、来日するようです。
とりあえずここに引用メモ

ジェフ・ベックの来日公演が決定したようです。
詳細は下記。
■チケット発売日: [東京]12/19(土)
 他公演は未定
■公演日程:
 【名古屋】 4/ 5(月)名古屋市民会館 19:00
 【大阪】  4/ 7(水)グランキューブ大阪 19:00
       4/ 8(木)アルカイックホール 19:00
 【東京】  4/12(月)東京国際フォーラムホールA 19:00
       4/13(火)東京国際フォーラムホールA 19:00
■料金:S¥10,000 A¥9,000(税込)

4月来日決定! | JEFF BECK BBS

で、ずうーーーーーーっと前から気になってて
もう諦めてたんですが(爆)、なんだかニューアルバム出すみたいな空気が
ようやく濃厚になったような流れ・・でもわかんないよなぁw
でも新曲無しの来日は辛いよネ。。
ジェフのブログには“my album and planning”
って書かれてるようだし。。

05.Nov.2009 17:20
I have just had a complete whirlwind few weeks.
Over 2 weeks ago I was in the studio putting together my album and planning to go to New York to guest with Stevie Wonder and Eric Clapton at The Rock and Roll Hall of Fame 25th Anniversary Celebrations……….

via Jeff Beck

カテゴリー: 未分類

JAGA JAZZIST – ヤガ・ヤシスト


ちょうど来日中というこのバンド、なかなかおもしろい
いろいろ調べてみたメモ

あっ、今日は満月ですね (ということで満月のアイコンを)
昨日からとても寒くて、最高気温が一桁になっちゃった。
冬だー 窓からよく見えてます

——————————————————————–
11/1(日) 京都造形大学
開場15:00/開演15:30●前売2000/当日2500
発売中●チケットぴあ(616-233)・京都芸術劇場チケットセンター
——————————————————————–
11/2(月) O-EAST
開場18:00/開演19:00●前売4500/当日5000●ドリンク別
発売中●O-EAST・ぴあ(336-629)・ローソン(72250)・e+
問合せ:03-3462-4420 O-nest
——————————————————————–
11/4(木)O-nest
abura derabu special
開場19:00/開演20:00● 前売¥4.500/当日¥5.000● ドリンク別
発売中O-nest・ローソン(71204)・e+
——————————————————————–
via JAGA JAZZISTの来日でBlack Featherも? | Thomason sounds blog
Jaga Jazzist はノルウェーの Tonsberg という
オスロを南へ車で1時間程の距離の町で 1994年に結成された。
奇妙な名前は「やが・やしすと」と発音する。
ファーストアルバム “Jovla Jazzist Grete Stitz” は
1996年のクリスマスに自主盤としてリリースされた。
いまや絶対にどこにもない幻の1枚。
再度プレスされることは恐らくないはず(残念ながら)。

Jaga Jazzist

JAGA JAZZIST – MySpace

One-Armed Bandit
All I Know Is Tonight
Mikado
Lithuania  -“A Livingroom Hush”
Stardust Hotel 適度に入るノイズがツボ

結成から今年で8年にもなる割にはアルバムリリースが少ないように思われるが、彼らはなんといってもライブバンドで相当な数のライブを行なっていて、国内でも絶大な人気。
その知名度たるや ECM や Jazzland からアルバムをリリースしている日本でもよく知られているミュージシャン達をはるかにしのぐ。
そもそも、彼らを支持しているファン層があまりにも広すぎる。
自主盤のファーストに続き去年(2001年)
ノルウェー・ワーナーという破格にメジャーなところからリリースされたのが
セカンドアルバム “A Livingroom Hush”、
彼らの人気を決定づけることになった1枚。
“A Livingroom Hush” は実にいろんな音が詰まっている。
アルバム冒頭から高速で逆回転の音を入れるという
彼ららしいキツいジョーク。
Jaga のサウンドの鍵を握っているのは
リーダー格のドラマー Martin Horntveth。
彼の持つビート感とエレクトロニカ寄りの音楽性が
このグループの基盤になっている。
要素としてはジャズとエレクトロニカが大きくて、
両者の融合というのが一番無難か。
でもジャズだと思って聴くとこのアルバムは理解できないかもしれない。

Jaga Jazzist

’01 2nd
Jaga Jazzist – A Livingroom Hush
A Livingroom Hush [Enhanced] [Import] [from US]
B00009L545
JAGA JAZZIST – MySpace にある “Lithuania”にはとろける

前作、セカンドアルバム “A Livingroom Hush” を 2002年5月にノルウェーでリリースしてから1年ちょっと、この間の Jaga Jazzist の快進撃ぶりはすさまじいものがあった。
国内の人気はとどまることを知らず、メンバーもほとんどがまだ20代前半ばかりなのに国民的なバンドの1つのようになってしまった。
イギリスでのライブも絶賛され、既にヨーロッパツアーも予定されている。
彼らは Jaga Jazzist としてある程度まとまった活動をしている他、数え切れないほどのノルウェー産ロック・ポップス・ジャズ・テクノ系のアルバム、ときにはライブにも参加、どちらかというとジャズ志向の強い数人は幾つものジャズバンドを掛け持ちしてそれらで国内外の新人賞などを次々に獲得、そして幾つかのソロ・プロジェクト…。
そんな中、2002年8月末に、思ったよりも早くサードアルバムがリリースされた。

Jaga Jazzist “The Stix”

’03 3rd
The Stix [Import] [from UK]
B00008PRRB
’05
What We Must [Import] [from UK]
B0007OC6TW
Stardust Hotel ふんわり優しくドラマティック
Swedenborgske ROM とくんとくるコーラス
Oslo Skyline
中でも“Mikado”はひときわ素晴らしい
一番聴きやすいアルバムかも 
ギターがカーキ・キングに似てる
“Black Feather”をニュースリリースしたばかりらしく、
imeemにあがってないか探したけど、見つからなかった。

ノルウェーの国民的人気グループ
Jaga Jazzistのオリジナルメンバーとして
『A Livingroom Hush』『The Six』『What We Must』など多くの名作にギターとして参加したハロルド・フローランドによるソロ・プロジェクト。
その独特のカッティングとリフの感性がJAZZをメインとした楽曲の中で大きなアクセントとなり、より雑食性を必要とするJaga Jazzistのサウンドに必要不可欠な存在として活躍する。
その後2006年、今作『Silhouette』製作の為に
自身のソロプロジェクト”Black Feather(ブラック・フェザー)を始動。
Jaga Jazzistでは表現する事なかった、日本のJ-POPに影響を受けたかのようなメロディーと、ローファイでシューゲイザー色の
強ギター・サウンドが特徴的。
今作Haraldはギターだけでなく、ヴォーカル、ベース、ピアノ、ムーグ、オルガン、ドラム、プログラミング、そして作詞・作曲までこなし、
そのマルチな才能を開花させました。
今作のリード曲となる“RazorBlade”は9.12 Recordsやオリジナル・リリースを行う米国のOther Electricitiesのコンピレーションにも収録され、アルバムのリリースを前に本国ノルウェー、米国で大きな話題となっています。
<参加アーティスト>
ドラム : Kenneth Lamond
ドラム : Martin Andreas Josephsen
クラリネット : Lars Horntveth (Jaga Jazzist)
フルート : Ketil Einarsen (Jaga Jazzist)
トロンボーン : Lars Wabo (ex-Jaga Jazzist)
トランペット/コーラス : Ivar Chr. Johansen (ex-Jaga Jazzist)
コーラス : Isak Bernstein

Thomason sounds/Black Feather

あった曲から何曲か入れて作ったプレイリスト

Jaga Jazzist Fav

カテゴリー: 未分類

Tracer AMC


イギリスBelfast, 
北アイルランド出身のインストポストロックバンド
やわらかくナイーヴで「静かなロック」といったらいいだろうか
曲調はAnd So I Watch You From Afarにとても似てて
(同じイギリスBelfast出身)その静かヴァージョンといったところ。
大好きです

【And So I Watch You From Afar のエントリー】
And So I Watch You From Afar – 1st
And So I Watch You From Afar / EP
generated by 関連エントリーリストジェネレータ

アルバムとしてはまだ聴いてないんだけど気になって仕方ない
いずれ聴きたいアルバムメモとして。
Tracer AMC MySpace
14分強の“ You Follow The Snow And Are Wasted” が秀逸
Member
* Alex Donald (Bass)
* Jonny Ashe (guitar)
* Keith Winter (drums)
* Michael Kinlock (guitar)

2004年3月彼らの名前が世に知られることとなる1stアルバム”flux & form”をリリースし、Spiritualized Album Leafとライブを行い次のポストロックの牽引者として一部で話題に。
今年6月に彼らの最高傑作とも云われる”In Rivers”を含む4曲入った12インチを出す。若干ヴォーカルの入った切ないメロディーの”Russian Threat”(今作の国内盤のみCDの音源として収録)や素晴らしいジャケットデザインは秀逸!
そして今作”island”で日本国内盤デビューを飾る。彼らの透明感があり様々な音色に変化していくツイン・ギターとやさしくも時折エモーショナルに飛び跳ねるドラムとべ-スはtortoise”TNT”を現代にアレンジしたかの様な完成度の高さを持つ。その切なく、美しく、時に爆発的に躍動するサウンドはあのThe wire誌でも賞賛され、現在最も理想的なポストロックバンドとして期待される。

via Thomason sounds

ぬぁんと 公式HPにてmp3数曲配布してます
Indiscopia
Flux and Form
Sleep Trick
Tracer AMC
CDに焼いてお友達にも聴かせてね、だそうです
04年リリースの Flux and Form と 05年の Islands
Flux and Form [Import] [from UK]
B0001FYQOU
Islands
B000BWAHBE

“Tracer AMC” の続きを読む