カテゴリー: つぶやき

沈黙すること


いつからか読ませてもらってるブログに、シュタイナーについて
わたしの知らないことが紹介されてて驚いてました。

その中でも特にびっくりしたのがこのくだり

” あなたが霊的に見たものについて沈黙することができるようになりなさい。”

ということを厳命しているくだりがあったのでした。

別に私が経験したことは霊的なものでもなんでもないことだけは確かですが、どんなことでも、あんまりいろいろとしゃべることは、「自分を幻想の中に追い込んでいく」という側面はあるようです。
In Deep: タイのクーデターからたどり着いたのは「ニルヴァーナ」の意味だった

ここ数年ずっと身にしみてたというか、
やっぱり人に話すものではないなぁ、としみじみ思ってたのでした。

問題だったのは、親しくなった人に心を開いたつもりで
ちょっぴり話してしまう伝えてしまうことがあったということ。

話すことで距離を縮めるつもりが、
むしろ深い溝をつくってしまった。
気持ち悪がられても仕方ない。絶対してはいけないことだった。
(追記: 個人を特定しない本人に伝えない見た夢やちょっとした不思議体験ならたぶん構わないですよね)

”「自分を幻想の中に追い込んでいく」”

なるほどと思う。

たしか「なまけ者のさとり方」だったか‥
その本には、願いを口にしないこと…みたいなことが書かれてて
似てる気がするけど、それって成功するみたいなニュアンスで違うし。

そういえば、あれほどいろいろ読んだりしてた
スピリチュアル系の本も全く読まなくなり、ほとんどの本は処分して
手元に残したのは、ほんの数冊。

で、神秘体験を話さないようにと書いてることが書かれたような本は、
わたしが出会った本には記憶に無い。

似た感じというか、ベクトルが同じように思えるのは
和尚と呼ばれるラジネーシとかチョギヤムあたりかな。

想像力を働かせれば、わかりそうなことなのにね。

もう何が起きたのかとか、検索する気持ちが無くなっているのは、
不思議でもあり、ほっとしてる。

3. 11後 見る世界はガラリと変わり、
驚くほど物事の見方が変わってしまい
この世界のサバイバル的なチェックが忙しくて
自分のためのおいしい時間がなかなか取れないのが辛い。
と同時に、この世界はなんなんだろうとも思う。

ずうっと昔から、世界は相変わらずだったのにね。

IMG_1290.JPG (2)

カテゴリー: 未分類

脳の幻覚?


ame
脳のある部分に電気的な刺激を与えると、
現実と見まがう幻覚を見るという。
現代の科学では、心霊現象の多くは
人間の脳の中でつくり上げられる幻覚や
偽りの記憶であろうという説明に傾いているそうだ。
毎年お盆になると、懐かしい父の匂いや誰もいない廊下を歩く足音、
部屋に佇む白影・・家族にとってまぎれもなく父とわかるその現象を
単なる「脳が家族の死のストレス回避のため幻覚を見せ、
聴かせているのだ」と断言できないのではないか。
と書いている記事が目に入る。
おそらくいずれ科学でも説明できるはずだけど、
現代の科学での判断はあまりにも趣がなく
寂しいというような旨が書かれていた。
それを読んで思い出したこと。
現在の家の前に住んでいた家での出来事。
ここの傍にある職場に勤めていてそのお客さんの家も
私の住んでいたアパートの道路を隔てたところに住んでいた。
娘が3人いて、娘の誕生日などに、
隣近所の顔を知ってる人たち全てに声を掛け、パーティーに呼ぶのだ。
にぎやかにするのが好きな人たちで、とてもオープンな家族だった。
ある日、私は5歳くらいの男の子が
井戸の底から左手を上げて「お父さん!」と声をあげる夢を見た。
やがて時々私の家で私が座っているすぐ後ろを
トコトコと走り回る音がするようになった。
くるくると小さな輪を作って走り回る。
気配はどうしても子ども。楽しそうな雰囲気。
ただ単に遊びに来ているだけなのであまり気にしないようにしていた。
この子が来るときは大体、妙なほどに眠くなった。
ほどなくして前述の家族の奥様に道路でばったり会い、
少し世間話をしていたら突然彼女は、
実はね、と打ち明けた。
5歳くらいの男の子が一番最初の子どもだったことを。
しかし、実家に遊びに行ったとき
近くの井戸に落ちて亡くなってしまったのだと。
私はそれを聞いてとても驚いた。あの子だと思った。
同時にご両親の気持ちを察すると胸が締めつけられた。
最後にお父さん!と声をあげてたあの子。そして時々遊びに来る子。
それじゃ、もしかしたらずっと、
この家にいて周囲を走り回ったりして遊んでたりするのかな。
しかしまさかそれを言うわけにはいかない。
その子と話が出来ないからそのままでいるしかない。。
私にはなにも出来なかった。
先週江原さんの「天国への手紙」をついつい最後まで見てしまった。
どのように誘導するのか見たかったからだ。
その番組にも5歳くらいの男の子の話があり
この出来事を思い出していた。
誘導の仕方は大体予想通りだった。
江原さんはかなり話題になってる人らしいが、
それを知ってちょっと調べたとき、
天使の羽のついた江原氏の本の表紙を見て
拒否反応が出てしまい興味も出なかったけれど、
一月ほど前だったか、エネルギースポットでの出来事の
ドキュメンタリーで、オーラの見え方を話していて、
そうそう、それそれ!! 
そっか、見えてる人なんだと納得し、
彼が願いを祈る場所で無言で流した涙にとても共感してから
彼への拒否反応は無くなった。
といっても本を読みたいなどというところまではいかないけれど
(求めてた頃は貪るようにその手の本を読んでいたが、
もう必要としなくっているというか、
机上の類には興味が無くなったというか、
ある程度指針を持っているので満足しているというか)。
上に書いた現象はどう説明できるだろう。。
(実は他にも第三者も認めた例として出せる話はあるけど書くのは面倒)
その人の脳の反応に呼応、反応したという説明も
出来るのかもしれないけど、
失ったと思った人の魂は想いひとつで結ばれ距離も時間も越えて
たとえ見えずとも会いにやってくるのだと私も信じている。
今年のお盆はしとしと雨。。
先祖が帰る日とされてますね

カテゴリー: 未分類

マキさんに奇跡



今朝は自分の心臓の音(?)で目が醒めた
まだ空は暗い なのになかなか寝付けずに
少しうとうとしながらも朝日が出てくる時間になった
心臓の音が不規則で、気になってしまった
20代半ばの頃
たまたま医者に見てもらって
不整脈ありますねと指摘される
医者の方も結構不整脈があるそうなので
ちょっと暇な時間の間
血圧計を巻いて診てみるとその通りだった
ついでに私のも診てもらったら不整脈が発覚
病気というほどでもない程度だけど
死ぬ時はぽっくり逝ってしまうのかも
せめて周囲の人に挨拶したり
心の準備をして逝きたいものだけどなぁ
「共謀罪法案」これが通ったら・・
軍国の前触れかのような
暗い社会へ突入してくのだろう
3/10に書いた「祈りプロジェクトより」
あれから2ヶ月。。
マキさんの7センチの癌が消えたそうだ!!!
New 天の邪鬼日記 「祈りプロジェクト 奇跡編」
(o^^)o。♪  良かったネ  マキさん 。o○ 

カテゴリー: 未分類

満月とムーンタイム



 
祈りプロジェクトより 」に書いたマキさんが、
今日の日記で身体が回復してきて
祈りの効果に驚いてることとみんなにありがとう
というメッセージが書かれてありました 
よかった~♪O(^^O)
アキラさんの日記でも書かれているように、
(「祈りはとどいているよ」)
祈りプロジェクトはマキさんに
負担がかからないような形でこれからも静かに続きます
横浜ライブレポート2|New 天の邪鬼日記には
Akiraさんの「生理ソング」が載ってて、
ムーン・タイム|New 天の邪鬼日記には、
女性と生理についての神秘と偉大さ、
ネイティブ・アメリカンが「ムーン・タイム」と呼ぶ
生理の日について書かれている。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
生理という浄化の時を「ムーン・タイム」と
ネイティブ・アメリカンは呼ぶ。
ムーン・タイムの女性には
とても強いパワーが宿ると考えられている。
古くなった生命を洗い流し、新しい生命が宿る
準備を整える時期だからだ。
自然界では肥沃な土壌をつくる洪水や
老木をなぎ倒す嵐などにたとえられる現象だ。
そのように強い力をもった女性が
スエット・ロッジに参加すると
儀式自体を破壊してしまう危険性がある。
生理中の女性がスエット・ロッジに入れないのは、
女性蔑視どころか、その力を畏れ敬うからだ。
伝統的な村では生理中の女性がこもる
「ムーン・ロッジ」という小屋があった。
男はもちろん一般の女性たちも近寄ることはできない。
氏族の女性リーダーである
クラン・マザーの指示に従って、
世話役の女性たちが食事を運んだり、洗濯したり、
体を拭いたりしてくれる。
いっさいの日常的な瑣事から解放された
ムーン・タイムの女性の仕事は瞑想である。
 月と語り合うのだ。
ムーン・タイム|New 天の邪鬼日記」より抜粋
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

女性のムーンタイムをここまで大切にして深い洞察する
ネイティブ・アメリカンの文明の高さに感銘する
まさに今日は満月 そして私はムーンタイム 
今、満月が昇ってきています オレンジ色
やがて高い位置へ昇っていくと白く輝いていきますね
満月の日は出血量が多くなると言われているが
まさに大量である。大洪水が身体に起きている。
ムーン・タイムの女性には
とても強いパワーが宿るそうだし、満月も重なって
今日の私は最強かも?(笑)
このように捉えられることはせめてもの救いとなるが
憂鬱になるのは変わらないんだけどね~ ^_^;。
昨日まで数日間、私はあまり頭痛には縁が無いけど
偏頭痛に悩まされていました
PC画面を見ていると更にひどくなるので
あまりPCを開けていられなかった
今日はウソのように偏頭痛が無くなってほっとしている
生理前症候群・・だったのかな
蟹や珊瑚やはまぐりが産卵しているんですね~
人間の世界も満月にはお産が多くなる
女性のムーンタイムをなにがしろにする社会は
おそらく命の種を奪い続けるがゆえに
命がなにがしろにされ 災いをもたらし
その文明は滅んでゆくのだろう
せめてなるたけ女性達よ同士よ
自分の身体を慈しみ労わろう
月と語ろう
どんなメッセージが降りてくるのか
耳を傾けてみよう
今夜はどんな夢を見るだろう。o○
聖なる夜
浄化とともに
本当の時間と歴史は
見えない道として横たわり時を刻む
わたしたちはその姿を見ようではないか
声無き声を聞こうではないか
慈しみ育もうとする意識へシフト
生まれる命 生まれる心 生まれる出会い 
生まれている今の心に焦点をあてて

“満月とムーンタイム” の続きを読む

カテゴリー: 未分類

祈りプロジェクトより


AKIRAさんのブログをずっと読んでるんだけど
(山健さんのところから飛んでいって読み始めてた)、
AKIRAさんって、言葉が直に伝わってきます
今日は祈りプロジェクト
AKIRAさんの友人、マキさんが危篤で、
AKIRAさんから祈りを呼びかけています
矢も盾もたまらず、マキさんのところに
メッセージを書き込んで祈りました
もし、AKIRAさんのこのブログを読んで心が動かされたら
どうかマキさんへお祈りパワーを送ってください

“祈りプロジェクトより” の続きを読む