カテゴリー: WordPress

Tumblr から3ステップで簡単インポート


Tumblrからインポートできるらしい。

WordPress.com 日本語ブログ

最近、Tumblr のブログを各種変換ツールを使って WordPress にインポートしている方たちがけっこういる事に気が付きました。そこで、Tumblr からの移行をもっと簡単にすれば喜んでいただけるのではないかと思い、3ステップのシンプルなインポートツールをご用意しました。

Tumblr アカウント認証

Tumblr ブログのコンテンツを WordPress.com にインポートするには、ダッシュボードで「ツール → インポート」画面に移動してください。まだ WordPress.com のアカウントをお持ちでない場合は、まず新規登録してください。

Tumblr インポーターへのリンクをクリックし、次の画面で Tumblr アカウントのメールアドレスとパスワードを入力します。「Tumblr に接続」ボタンをクリックしてください。

インポートを開始

インポートツールは、アカウントに紐付けられているブログの一覧を取得します。インポートするブログの「このブログをインポート」ボタンをクリックしてスタートしましょう。

開始するとインポートの状況がこのページに表示され、インポート完了後メールが届きます。動画も含む Tumblr のコンテンツが正しくインポートされるように注意してツールを調整しています。Tumblr に直接追加された動画は VideoPress にアップロードされ、その他の埋め込み動画はショートコードで変換されます。もし埋め込みコードがうまく変換できなかった場合は、インポート後のメールでお知らせします。

Tumblr サイトに独自ドメイン(例えば example.tumblr.com ではなく example.com など)を使っている場合、インポート時に一時的に無効化する必要があります。Tumblr のダッシュボードで「設定」のボタンをクリックし、次の画面で「独自ドメイン名を利用する」のチェックボックスをオフにします。インポート後の WordPress.com サイトで今まで使っていた独自ドメインを使いたい場合は、独自ドメインマッピングアップグレードの設定が必要です。

新しいサイト、新しいスタイル

WordPress.com は投稿フォーマットに対応しており、様々な種類の違うコンテンツをサイト内に含めることができます。インポート後、投稿フォーマット対応の「タンブルログ」形式のテーマを選んでみてください。


ブログのインポートの際にもしも問題が発生したら、サポートにご連絡ください。

この記事は Peter Westwood が WordPress.com 英語版ブログに投稿した「Import from Tumblr in 3 Easy Steps」の訳です。機能について不明な点があればコメント欄または日本語フォーラムでご質問ください。

翻訳: マクラケン直子

元の投稿を表示

広告
カテゴリー: ChromePlus

CromePlusでTumblr Reblogするには


Taberareroo、Tumblrのダッシュボードで突然リブログできなくなって
すぐ対応されヴァージョンアップされたんだけど、
そのextensionが、CromePlusにダウンロード出来なくなった。

Taberareroo、Tumblrのダッシュボードで突然リブログできなくなってすぐ対応されヴァージョンアップされたんだけど、そのextensionが、CromePlusにダウンロード出来なくなった。

エラー画面

現在のChromePlusは V1.4.1.0 (Chromium 5.0.375.126に基づいて)なので、

6.0.472.53にアップされるまで使えない。

Taberarerooが使えないなんて考えられないと思ってたので、

Tumblrのダッシュボードに潜るときだけGooglrChrome使うかな~と思ってたら、

こんな便利なスクリプトをシェアしてくれてるのを見つけた。

Taberarerooほど便利では無いけど、
Taberareroo使えないよりはずうっと便利になった。

tumblrのreblogボタンを画面上部にも追加する | tsuyuki.makoto

ここをクリック
ここにボタン出現
無事reblog終了
デフォルトだと下のほうにボタンがある

実は、はてブもTwitterのつぶやきもブックマークレットを使うようになってた。

ライブドアクリップはあまり使わなくなったしで、

TaberarerooはTumblrのダッシュボードのリブログとスクリーンキャプチャしか使わない。

よく使うPosterousには対応してない。

スクリーンキャプチャもたまにしか使わないので、

Awesome Screenshotの拡張をインストールして使う時だけ有効にすればいい。

Tumblrのダッシュボードだけのために、

CPUめちゃくちゃ喰うGoogleChromeを使うわけにもいかない。

それほど、ChromePlusのほうが使いやすいのだ。

というわけで、このスクリプトすごく助かりました。

tumblrのreblogボタンを画面上部にも追加する | tsuyuki.makoto

カテゴリー: posterous

Tumblr Theme と Posterous Theme


TumblrのTheme、Posterousに使えるのか気になってたので試してみた。

まず、そのまま使えるのかどうか。

 

使えるなら、わざわざTumblrの管理画面まで入ってから

ソースコピペするの面倒だし、

なにもTumblrメンバーじゃなくても使えるように、タグ公開しちゃえばいいんじゃない?

わたしも自分で使うときそのほうがやりやすいし・・と思って作業し始めた。

 

試しにやってみたもの↓

Tumblr Ultralite  http://www.tumblr.com/theme/849

NoteCountのタグも削除したほうがいいのだろうけど

とりあえずソース下部

 {/block:Posts}の直前にある{PostNotes}との部分だけ削除してみた

 

結果

ぱっと見は、ちゃんとデザインもそのまま反映して、
そこにPosterousのパーツも収まってる。

お~、これならTumblrの気に入ったテーマ使える??? 
わくわくしたのもつかのま

コメントがある部分クリックしたらコメント欄そのものが出てこない orz
Jボタンでスクロールする機能が対応してなかったしAutoPageもできない orz

やってみなかったけど、たぶん
plofileページとか他のPosterous独自のページも閲覧できないんだろう

Posterousのタグをしらみつぶしに見てそこから移す作業必要 → そんな暇ないw

ということで、TumblrのテーマをPosterousに使う試みは断念した

 

まぁ・・今のままのposterousでも、幾つかヴァージョンあるし、
フォントや文字色変更してソースの中を変えるだけでも気分転換にはなるのでそれほど不満でもない

 

Posted via web from kisato posterous