カテゴリー: lifeshot

2017年春のドラマ


『ひよっこ』(有村架純)
まだ終わってない。かなり久しぶりにおもしろい。
涙ぐむシーンじゃないはずなのにと思いつつ涙ぐんでしまう場面に結構出くわしてしまって慌てる。

・「ツバキ文具店」~鎌倉代書屋物語~ (多部未華子)
とても面白かったのに、最後が残念な感じだった。
元は小説なのだそう。母親に会ってほしかったな。
手紙の代書屋の奥深さにうっとりしました。
「こころを込める」ということを思い出させてくれるドラマ。
丁寧に描かれていて他に類のないドラマだと思う。
主題歌「コトノハ」もすてき。

” もっと母の話を聞きたい気もした。
でも、同じくらい聞きたくない気もした ” というシーン。
まさにわたしもそうだった。
その複雑な気持ちに振り回され悩まされてきたし今もそう。
やっぱりそういうものなんだと思ってほっとした。
聞きたくない気持ちは怖さでもある。
もうこれ以上傷つきたくない防衛本能でもある。

生きてるうちに知ったほうがいいのだろうか、
子どもの頃は話したくても話せず、
会いたくても会えなかったけど、大人になって探して見つけて、
今なら電話すれば会話ができる。
教えてくれるかもしれないのに、
このまま聞かずにいていいのだろうかと考えることもある。

どんな食べ物が好きなのか、どんな出来事にどう反応するのか、
いろんな考え方、言動、何も知らずにきている。

知りたいのに知ることができなかった時間の積み重ねは、
がんばってきた積み重ねでもある。
それが砕かれそうな気がして怖い。
知らずにすんだことだってあるだろう。

聞いても聞かなくてもどちらを選択しても、
取り返しのきかない結果に恐怖で身がすくむ。

引き離された年月の中、初めに心を預けた継母から受けたことで
心身とも憔悴し、人を信じることができなくなってしまっている。
ネガティブな反応に対する心の余裕はもう無い。

失われた年月はやはり取り戻すことなどできない。

もう そっとしていてほしい。

小学生のころ、母親がいないときに限って
母のことを絵に書けというような授業が苦しめたのと同じように、

今は 毎年「母の日」というお祭り騒ぎで世間が湧き上がる。
いい加減にしてほしいなぁ。

 

・「母になる」(沢尻エリカ)

こちらも面白かったけど不完全燃焼な後味だった。

以下は観たんだけど なんだかなだった。

・「ボク、運命の人です」(亀梨和也)
・「女囚セブン」(剛力彩芽)
・「櫻子さんの足下には死体が埋まっている」(観月ありさ)
・『人は見た目が100%』(桐谷美玲)

広告
カテゴリー: lifeshot

2017年1月〜3月期 見たドラマ 「カルテット」がおもしろかった


「カルテット」「増山超能力師事務所」「真昼の悪魔」「A LIFE~愛しき人~」
「嫌われる勇気」「べっぴんさん」「火花」

「カルテット」(松たか子主演)

一番面白かったドラマ。
すずめちゃん役の満島ひかりさん、キュートでとてもかわいかった。

先が見えない意表を突く展開がおもしろい。

オシャレでハイソで憧れの対象で羨ましくて
非日常的なイメージがどんどん崩れていく意外さ。

とっつきにくい感じの4人に見えてたのに、
会話や反応などからだんだん親しみやすい友人みたいな存在になっている。

声が小さい上品そうなマダムを演じる松たか子さん。
殺人者、夫に振られて逃げられた妻、
殺人者となった夫を匿い一緒に逃げる共犯者、
実は戸籍を買った誰かの成りすましだったとかもう、
くるくる変化してどこに行き着くのか彼女は一体何者なんだとか、
ドキドキの連続だったのである。

設定の背景こそ非日常的だけど、たった四人が繰り広げる
世界とコミュニケーションの変化を見てるだけなんだなあ。

結構人間ドラマの心象風景がえぐいというか、深かったし。

やっぱりぐいぐい引き寄せられるのは、
内容と役者によるとしみじみ思う。

そのドラマを選ぶのは、まず簡単なあらすじから
興味のあるものかどうかと、どんな役者かということ。
好きじゃない人が主演だと内容はどうでもよくなってしまい選択外となる。

あそうそう、真紀の夫(宮藤官九郎っていうのが意外だった)のことを、
「夫さん」と呼ぶ呼び方いいなって思った。

それにしても、お金をかけ続けて演奏家になっても、
食べていけるんだろうか生活できるんだろうかどうなんだろうって思った。

もし経済的に許された環境だったら、ずっと楽器演奏できることがやりたかった。
そうじゃなくても音楽に携わる仕事がしたかった。
叶わなかった気持ちを思い出させられてキュンとしたドラマだった。

印象に残った言葉

『音楽っていうのはドーナッツの穴のようなものだ。
何かが欠けた奴が奏でるから音楽になるんだよね』

画像 http://www.tbs.co.jp/quartet2017/cast/ より

 

他は、
「増山超能力師事務所」(田中直樹 主演)
娯楽として面白かった。

「真昼の悪魔」(田中麗奈 主演)
最後から2/3位がクライマックスだっただろうか、怖かった。ホラー?
でも、誰にでもある心のどこかにあるものを
大げさに表現したらこうなるかもッ!

そういえば原作者の遠藤周作ってこんな小説だったと思った。
小学か中学あたりに読んだっきりでよく覚えてない。

記憶が曖昧なので気になってwikipedia読んだら、
随分身体が弱かったと知って驚いた(とはいえ73歳まで生きられたらしい)。
「真昼の悪魔」は1980年の作品だった。
読んだ本を思い出せるかと作品名を見ても全然思い出せなかった。
あんまり印象に残らなかったか、数冊貪って読んだのかもしれない。
田中麗奈さんはこの本をドラマ化するの?!と驚いたそうだ。
この方もピッタリはまり役だったと思う。

「A LIFE~愛しき人~」(木村拓哉主演)
最後は想像通りだったけどついつい最後まで観てしまった。
手術で使われる人体が実際のと変わらない精密な作りでドラマ指導の医師が驚いたそう。
やっぱり病気からどんな手術するか気になってそれが面白かった。

「嫌われる勇気」(香里奈主演)
アドラーの心理に惹きつけられて観たんだけど、
香里奈さんもう少し表情あったら良かったのに。うーん。

「べっぴんさん」(芳根京子主演)
アパレルメーカーファミリア創業者のひとり坂野惇子さんがモデルなのだそう。
戦後すぐの時代背景、その時代の人達と空気をどう表現するんだろうと思った。

芳根京子さんが瑞々しくておっとりした雰囲気に好感持てたけど、
全体的に特に後半から消化不良になってしまった感がある。

「火花」(林遣都主演 原作:又吉直樹)
キャスト:林遣都、波岡一喜、好井まさお、村田秀亮、門脇麦
〜あらすじ〜
売れない芸人が天才肌の芸人と出会い、弟子になって伝記を書きながら仲を深めていく。

原作読んでない。まだ終わってない。
このドラマは男性向けかもしれない。
観て楽しいものでもなく、原作読みたいという気にはならない。

カテゴリー: lifeshot

観た秋ドラマ(2016年10月〜12月期ドラマ)


あいかわらずPC開ける時間がなかなか取れず、優先順位から遠いブログ更新が
いつのまにか観たドラマのメモばかりになってる感。

さて昨年秋の観たドラマの概要。

・メディカルチーム レディ・ダ・ヴィンチの診断

解き明かされる原因不明の病というのが特殊でおもしろかった。
そして最後に解決を持っていった、
謎の病を抱えた橘志帆役の吉田羊さんから目が離せなかった。
幻を自覚しながら幻に依存する。こんなことってあるのだろうか。
切なさが入り混じってコミカルな演出もあって飽きないドラマだった。

ladydavinci

(http://www.ktv.jp/ladydavinci/index.html)

・地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子

へー校閲ってこんな仕事なんだぁって純粋にその仕事そのものに興味の沸く内容。やってみたい仕事のひとつになりそう。
河野悦子役の石原さとみがはまり役だなとつくづく思った。可愛かったネ。

zimini

(http://www.ntv.co.jp/jimisugo/)

・Chef~三ツ星の給食~

次々と難関をスゴイ前向きに捉えて突破していく光子(天海祐希)。
いろんな料理の仕方がときどき参考になりそうって思えて引きずりこまれるドラマだった。

chefstory

(http://www.fujitv.co.jp/Chef/story/index.html)

・砂の塔〜知りすぎた隣人

今季ドラマで一番面白かったといっていいドラマ。
ただ途中なんだか変だと思いつつ、それが謎解きの何かだろうかと思い気にならなくなるのは複雑なドラマ構成が成せる技だろうか。
どろどろのママ友&ご近所付き合いとサスペンスが同時進行していくのが新鮮で何かしながら観ると大事なシーンを見落とす勢い。
菅野美穂さんは『イグアナの娘』から、母子関係のドラマのスペシャリストになっていたんだわとはっきり思った。松嶋菜々子さんが始め殺人鬼に見えて怖かったのが最後にほろっとさせて全部持っていかれた。控えめな演技に引き込まれた。

sunanotouhamerun

(http://www.tbs.co.jp/sunanotou/)

カテゴリー: lifeshot

2016年夏 観たドラマは2つだけ


ずうっとじめじめ不快指数高めの日々が続いてますね。
ここ杜王町も秋はいつ来るのと待ちわびて
ああ、、秋って来るのかなぁと思ってたら
9月も終わりに近づいてようやく涼しい気温になってきたわ。
明日からは爽やかな空気になるのかな。

さてこの夏 面白く観れたドラマはこの2つだけでした。

・ON 異常犯罪捜査官・藤堂比奈子
”内藤了によるミステリー小説『猟奇犯罪捜査班・藤堂比奈子』シリーズを原作
藤堂比奈子は警察学校を優秀な成績で卒業した新人刑事。一見明るく真面目な態度で勤務する彼女だが、心に深い闇を持っており、興味の対象は殺人犯が人を殺害する心の”スイッチ”は何かという疑問を解明すること。ON 異常犯罪捜査官・藤堂比奈子 – Wikipedia

on
(公式Pより)

比奈子役の波瑠さん難しそうなのに役作り上手かった。
内容がディープなので、目が離せなくて
最後まで謎を取っておいてくれたのはありがたかった。
やっぱり謎が引きつける。謎が無いとつまらない。

”殺人に移行していく心理状態を見極めたい”という視点が驚きでした。

ドラマの殺人の状況を観てるうち、
浄土真宗の開祖、親鸞聖人の悪人正機説の『歎異抄』にあると言われる
人を殺す縁を重視した言葉を思い出させられたのでした。
むしろ視聴者をその視点までに誘いたい意図があったのでしょうか。

” 殺人を犯さずにいられることに感謝しましょう ” とでも言えるのかな。
ドラマの場合は極端であったとしても、
近い現実が垣間見えるような感覚になり、目が釘付けになったのでした。
他人事じゃない感覚も引き込まれる要素。

また、親や親近者から言われた言葉が縛り付けて
無意識に言動を制限してしまうという視点も凄いと思った。

いろいろ自分の過去を思い出して照らし合わせてしまったり、
考えさせられたドラマでした。最後ほっとできてよかった~。

・そして、誰もいなくなった

最初大きな組織に狙われてる?と思ってたら、
実はこじんまりした小さな社会(家族間)の中の話だった。
だけどそれは古来からある軋轢で、いつまでたっても
世界のどこかでくりひろげられる戦争みたいなものなのでしょうね。
家族ってなんだろう。

非現実といかにもな現実が混ざり合って飽きない展開でした。

それにしても、なんで死体が消えたんだろう。
死体じゃなくて生きてるのかな、と
だって上着脱いで母親に掛ける余裕あったってことでしょ。
介護してた女性は殺されたのかしら。

” 脚本:秦建日子(はた たけひこ) 社会問題になりつつあるネット上の画像データなどの拡散問題。大手コンピュータシステム会社「株式会社L.E.D」に勤める研究者の藤堂新一は、それらデータをすべて消去することができる画期的なソフト「ミス・イレイズ」を開発し、一躍脚光を浴びた。
容姿端麗、頭脳明晰、家族や友人、恋人にも恵まれ順風満帆の生活を送る藤堂新一。ところが結婚を間近に控えたある日、突然会社から「お前は『藤堂新一』を名乗って潜り込んだ偽物ではないか?」と、あらぬ疑いをかけられ、婦女暴行事件で逮捕された同姓同名の男に自分の名前と人生を丸ごと乗っ取られてしまう。
そして、誰もいなくなった – Wikipedia ”

sositedaremo-1

主題歌 クリープハイプ「鬼」
このキレッキレダンスの彼女誰?ってつい検索しました凄いわー。
東京ゲゲゲイのYUYUさんという人だそう。振付・出演だそう。
周りの子どもたちは バニラグロテスクというダンスカンパニーだって。スゴイねー

カテゴリー: lifeshot

2016年4月ドラマメモ


 

面白かった順で
・私 結婚できないんじゃなくて、しないんです
・ゆとりですがなにか
・僕のヤバイ妻
・重版出来!
・お迎えデス。
・トットてれび
・ラヴソング

面白かったほうの感想書くと長くなりそうでその時間が無いので、
そうじゃなかった方をひとことで言うと、
『ラヴソング』が後味悪かった。
最初からなんだよミュージシャンで医者かよと思いつつ見てたせいか
その思いが全体に及んで不満になって終始なんだこれとなってしまったんだと思う。んーだったらせめてなぁという結末。

ダントツで面白かったのが上記の4つだった。

 

20160514005119

引用:『私 結婚できないんじゃなくて、しないんです』