カテゴリー: lifeshot

2019年 夏ドラマ(観たものメモ)


なつぞら
脚本家 – 大森寿美男

面白くて釘付けになったのは、なつが東京に出て行くまでだったけど、
最後まで飽きさせなかったのは離れた妹との再会への伏線があったからなのかな。
モデルになった実在の女性がいらしたらしい。


子どもから大人まで多くの人を惹きつけ
優れたアニメーションを創り上げた人たちの産声を
このドラマでちょっと見せてもらったような気になった。

役者にメッセージを語らせる。

脚本家の大森寿美男氏は10代で演劇活動を始めたそう。
コメディから時代劇まで幅広いジャンルをこなしベテラン中のベテラン。
とはいえ、数ある作品の中観たことがあるものは無かった。

「お前は堂々と生きていけばいい」
という言葉(おじいさん役草刈正雄)は、
まるでそのまま子どものころの自分に直接語り掛けられたように聞こえた。


観ている者に直接語り掛けられてるような感覚になる。


「幸せを守るために人は怒る。今のあの子はそれもない。
争いごとを嫌ってあの子は怒ることができなくなった。
望みはただ生きる場所を得ること。」

幼馴染の笹岡のぶや(放送記者)に語らせる言葉。
「悲しみから生まれた希望は、人を強くします。
喜びから生まれた夢は人を優しくします。」

監察医 朝顔

コミックをドラマ化した作品。
原作:香川まさひと、作画:木村直巳による日本の漫画。
杏林大学医学部名誉教授である佐藤喜宣が監修を務めている。

淡々と日常の細かい描写が、
その貴重さをじんわりと訴えかけられる。
生と死がとても近い事実を突きつけられる。

『葬送の仕事師たち』を読んでるのだけど、
中身が濃過ぎて休み休み読んでて中々進まない。
その中にあった印象的な描写をこのドラマを見てて何度も思い出していた。

東日本大震災での津波で亡くなった遺体の場面だった。
《五十代くらいのお父さんと三十代くらいの娘さんが
「お母さん」を見つけた場に居合わせ、思わず、
「僕に処置させてください」と口をついて出た。
せめて泥を拭いてあげたい。…
「棺の蓋を開けると、ご遺体の口からいきなり泥が噴射したんです。
重油も体液も混ざった泥。遺体に充満していた腐敗ガスが、
泥と混じり合って噴き出したんだと思います。その瞬間、僕、
ご遺体に覆い被さっていました」》

震災のことを取り上げるドラマなどいくつかあるけれども、
このドラマはとても丁寧に描かれてて温かさがすんなり伝わってくる。

 

凪のお暇

こちらもコミック、原作はコナリミサトさん

最後までほんとに面白く楽しかった。
なんというか懐かしき心の中に沈殿してた思い出の中の
すっかり忘れていた感情が噴き出してきた。
うっわーわかるわかると思いつつ、
意外な展開に驚きながらどんどん引き込まれていく。
どうするのどうなるのと。

サイン―法医学者 柚木貴志の事件―

韓国SBSにて制作・放送されたテレビドラマを日本でリメイクされたドラマ。

まさか主人公(?)の柚木(大森南朋)が
亡くなっちゃうなんてとショックだった。
ちょっと無理のある展開だった。

TWO WEEKS

韓国MBCで放送された大韓民国のテレビドラマ
これもちょっと無理のある展開で
なんだかなぁと思いつつ最後まで観てしまった。

サギデカ

まさかの主人公の過去とリンクしていく話の展開は
面白かったけどこれもちょっと無理があった。

カテゴリー: lifeshot

2019 春ドラマ『インハンド』『ラジエーションハウス〜放射線科の診断レポート〜』


『なつぞら』はまだ終わってないので後日。
他に観たのは以下2つ。
あらどちらも元ネタは漫画だったのですね。

『インハンド』
朱戸アオ氏による日本の医療漫画 医療ミステリー

主演の山下智久さんの一癖ある人物の演技も面白かったし、濱田岳さんの存在も必須で菜々緒さんが珍しく(?)良い人というポジションが違和感なくて妙にホッとした。

義手と主人公そのものの謎に弾きつけられて最後まで一挙に観てしまう勢いがあった。

印象に残った言葉は「人間は感情の奴隷だ。」

原作 – 朱戸アオ『インハンド』(講談社「イブニング」連載中)
脚本 – 吉田康弘、田辺茂範、福田哲平
音楽 – 得田真裕
オープニング曲 – 山下智久「CHANGE」(SME Records)[8]
義手造形 – 関根研一
義手製作監修 – 深谷直樹、NEDO

https://www.tbs.co.jp/inhand/ より

『ラジエーションハウス〜放射線科の診断レポート〜』

原作 – 横幕智裕(原作)、モリタイシ(漫画)『ラジエーションハウス』(ヤングジャンプ・コミックスGJ刊)
脚本 – 大北はるか、村上優、金沢達也、横幕智裕
音楽 – 服部隆之
主題歌 – MAN WITH A MISSION「Remember Me」(ソニー・ミュージックレコーズ)[25]
ナレーション – 八嶋智人

主演:窪田正孝 甘春杏 – 本田翼

八嶋智人さんのナレーションの始まりが毎回楽しみでワクワクしてた。
観てるうちにいかにも漫画っぽいとは思ってたけどやはり漫画から実写化だったけど面白かった。

ほんっとに面白かったのに。。
最後の最後『特別編』〜旅立ち〜」でこれまでの面白さが壊されたようで残念だった。特別編はいらなかったか、初めて見るシーンだけでまとめたほうがよかったのではないだろうか。
まあいいけど。

https://www.fujitv.co.jp/radiationhouse/introduction/index.html より

カテゴリー: lifeshot

2019年1月ドラマ


  • 木ドラ25 デザイナー渋井直人の休日

2019年1月17日スタート 

次はペルーから来た娘のつづきから望みます。

光石研さん、はまり役!
岡山天音さんも表情が上手くていい味出してた。

資料探しで購入した「組み立て人体模型」欲しいなー。
京川夢子役の池田ライザさんのギター弾き語りかっこいい上手い!

痛くて、でも愛らしい、
中年おじさんのちょっぴり切ない日常と恋模様』
『渋井直人(光石研)52歳独身。デザイナー。休日にはおしゃれな格好で街に繰り出し、レコード屋に訪れたり、カフェでまったりくつろいだりと自由を満喫。女の子からも受けがよく、こだわりのものに彩られスマートに生きている・・・ように見えるが、女性編集者、美大生、シンガーソングライター、インスタで知り合った女の子など、次々に現れるヒロインたちに玉砕。大御所イラストレーターには怒鳴られ、同世代のライバルには嫉妬したりと、冴えない場面も数多い。仕事も恋もまだまだ現役。渋井直人がおりなす、クスっと笑いながらも応援したくなるような、ちょっぴり切ない悠々自適な日常物語。

原作 渋谷直角『デザイナー 渋井直人の休日』/宝島社
監督 松本佳奈 久万真路 桑島憲司
脚本 ふじきみつ彦 松本佳奈
キャスト
渋井直人(52歳独身、デザイナー) – 光石研
杉浦ヒロシ(渋井のアシスタント) – 岡山天音

思い出野郎Aチーム 主題歌『ステップ』
このドラマにフィットして哀愁漂う優しいいい歌。

エンディング Nulbarich「Sweet and Sour」
いいもの観たなぁと感慨に浸れる曲。
この曲好き。

  • まんぷく

インスタントラーメンを生み出した実業家・安藤百福氏と妻・仁子氏の半生で激動の時代が背景となってるが、ほんとに波乱万丈でドタバタ。
世の中のためになる何かを探していく発明家とその妻の物語。

インスタントラーメンは身体にいいというよりむしろよくはないのではと思うけど、手軽に食べられる『ラーメン』は確かに革命的発明。本当にすごい。
身近にあるインスタントラーメンが生まれていく過程が面白かった。

何度チキンラーメンを食べたい衝動に駆られただろう(食べなかったけれど)。

亡くなった姉が最後まで登場していたのも面白い展開だった。
時代の波にアタフタしてたのに生前葬をしたお母さん役の松坂慶子さん、かわいらしかった。

  • 3年A組―今から皆さんは、人質です

脚本はドラマ「家族ゲーム」(2013年、フジテレビ系)などを手掛けた武藤将吾。
最後の最後まで先が読めなくて、現代の大切な問題を教えてくれるドラマ。
ありえない展開が最後には懐に落ちてくるという話のつくり方に驚いた。
『半分、青い』の北川悦吏子さんの作品は行き当たりばったりで作ってたのかなと改めて考えていた。えらい違いだと。
おかげで生徒の茅野さくら役の永野芽郁さんに対して持っていた、嫌な感覚もこれで払拭されてほっとした。彼女は役柄を演じただけなのにね。

  • スキャンダル専門弁護士

飽きない展開。竹内惟子さんと斉藤由貴さんに釘付けだった。
「スピン・ドクター」という言葉は初めて目にした。
このドラマも使用された主題歌がぴったりはまっていた。

https://www.youtube.com/watch?v=m3VQm2G3bSI
milet – inside you

  • 絶対正義

秋吉理香子の同名小説を山口紗弥加主演でドラマ化。ある出来事をきっかけに、法を犯すものを許さない人物となった範子(山口)に、高校時代の友人たちが翻弄(ほんろう)される姿を描く心理サスペンス。それぞれの人生を生きていた友人たちは、範子との再会によって日常生活がほころび始め、絶望的な破綻へと向かう。

ドラマ「絶対正義」 | ザテレビジョン(0000952514)
https://thetv.jp/program/0000952514/

この『正義」にしがみつく範子と友人たちがどう落とし込まれていくのかが気になって観たのだけど、途中から無理のある展開に感じられたのが残念。

  • ハケン占い師アタル

占い師が殻を破って自立していくストーリーというテーマ、面白かった。

  • さくらの親子丼2

自立支援の家での話はなかなかリアルに響いてきた。
将来が決まるような助けて欲しい時期に、ひとりの人間としてチャンスが与えられることは必須。

家庭をどうしたらいいというより、どうやって逃げてどうやって安心して生きることができるか、子どもにとって必要な知識を与えるのが課題なのだなと改めて思う。

カテゴリー: lifeshot

2018年 秋のドラマ


メモっておきたいドラマ ざっくり感想。

一番面白かったのを書き忘れてたので一番上に追記した(2019/1/5)

『昭和元禄落語心中』
雲田はるこさんの「昭和元禄落語心中」のマンガをドラマ化したそう。

脚本には連続テレビ小説「マッサン」の羽原大介さん。音楽には村松崇継さん、演出には映画監督のタナダユキさんらを迎えました。戦争の時代の落語家たちの生き様、芸の絆に結ばれた若者たちの熱い友情、師弟や男女の情愛・嫉妬・別れ、そして無二の親友の事故死を巡るミステリー…。濃厚にして豊穣なヒューマン・ドラマをお届けします。

昭和元禄落語心中 | NHK ドラマ10 より
https://www.nhk.or.jp/drama10/rakugo/

だいぶ前の正月あたり、テレビで落語特集みたいなのをやってて
一分くらい観ててひとめぼれしてしまうほどに話に引き込まれる名人がいた。
歳はかなりいってるけど身振り手振りが美しく、凛としていてカッコいい。
なるほど年の差など関係無くなるっていう気持ちってこのことかと思ったものだった。
たしか馬琴さんといったはずだけど、ちょっとググってもこの人だという画像は出てこない。だれだったんだろう。
このドラマを観ててその気持を思い出していた。
凛としてすっきりした身のこなしにしっかりした滑舌に全体的に漂う色気。
最後まで気にかかる謎かけに誘われる。見届ける満足感。

八代目 有楽亭八雲(菊比古)演じる岡田将生さん、
有楽亭助六(初太郎)役 山崎育三郎さん、演技素晴らしかった。

昭和元禄落語心中 | NHK ドラマ10 より
https://www.nhk.or.jp/drama10/rakugo/

『大恋愛〜僕を忘れる君と』
脚本:大石静、泉澤陽子

戸田恵梨香さんとムロツヨシさんの共演。ダントツに面白かったのはこのドラマ。最初から最後まで展開が早くて話についてくのがやっとという感じでもあった。笑いと泣きだけかと思ったら、恐怖の場面もあり、どうなるのか先が読めず、でもやっぱり最後は号泣させられてしまった。いかにも泣かせるであろうドラマは今まで避けていたのだけど。


小説家と後に若年性アルツハイマー病になる女医との出会いかたも興味をそそられた。大好きでたまらない作家に偶然出会ってお互い引き寄せられていく。これってひとつの夢だよなぁって。

居酒屋で楽しくすごした場面が最後まで伏線になって観てる側にとっても懐かしくも切なく共に伴走している気持ちになれる。

尚の母役の草刈民代さんが女性としても母親としても憧れてしまう存在で、息子くらいの歳の井原侑市役 松岡昌宏さんと結ばれる場面ではちょっと驚きつつもなるほどと納得させられた。ほんとは侑市の父役、橋爪淳さん(こちらもステキな紳士)が密かにいいと思っててなかなか結婚相手が決まらない息子に似合った女性だと思ってたのではないだろうか。いちいちその部分を解釈しなかったのも粋である。

たくさん泣かされたけど後味のいいものだった。

https://www.tbs.co.jp/dairenai_tbs/story/大恋愛公式ページより

『僕らは奇跡でできている』
ほんとは何を考えてるのか読みにくい高橋一生さんのイメージにぴったりな役柄だと思った。
謎だった生い立ちがわかったときに納得しつつ驚いたけど、そんな母子の姿はどちらの立場の人にも共感されるものだと思う。人の気持ちに鈍感に見えて、だからこそ大切な意味を指摘できるのだろうかとも思えた。周囲の人たちが気遣われなければうまくいかないように見える人が、いつのまにか周囲の人たちを励まし見つめる先を伝えて助けていることにだんだん周囲が気づいていく。
いかに常識に縛られて見えなくなっているものがあるのか、失われた視点を考えさせられる物語だった。

宇宙へ行くラストには度肝を抜かれた。

『SUITS/スーツ』
勝つためには手段を選ばない敏腕弁護士・甲斐正午(織田)と、驚異的な記憶力を持つが弁護士資格を持たない鈴木大貴/大輔(中島裕翔)がバディを組み、数々の案件を解決していく弁護士ドラマ。

アメリカで大ヒットしたドラマを日本で作ってみたそうで、
その原作アメリカ版の方には レイチェル役に英王室のヘンリー王子と結婚したメーガン・マークルさんが出てたそう。原作の『SUITS』を観た人からは賛否両論の評価があったらしいけども、観たことないからなのか全体的に面白かった。
ただ、これアメリカで大ヒットしたんだという前情報があったせいか普通のドラマとして観てなかったので贔屓目だったかも。原作観て無いのになるほどちょっとアメリカドラマっぽいかもって思って観てた。

やはりスーツの着こなしとか見とれるし女性陣が美し過ぎて観てるだけでも目の保養となった。
パラリーガルの新木優子さん、秘書役中村アンさん、幼なじみの今田美咲さん
弁護士事務所の所長の鈴木保奈美さんもほんと素敵だった。

ファンタジックで妙にリアル。

そもそも経歴詐称してるのがバレたらとハラハラさせられて、なんとかうまくいったらホッとしてしまう。それってイケナイコトなのに。

そんな共犯者意識が最後まで刺さった釘のようになって、早く抜いてほしいともがいて観てたのだろうと思う。

『SUITS/スーツ』公式サイトより
カテゴリー: lifeshot

2018年7月~観たドラマ感想


今季のドラマは重いテーマがひとつじゃなかったので見ごたえのある季節だったなぁという感想。

●『透明なゆりかご』
原作 – 沖田×華『透明なゆりかご 産婦人科医院 看護師見習い日記』
脚本 – 安達奈緒子

沖田×華の人気漫画をドラマ化。いきなり中絶手術の現場を目の当たりにしたアルバイトの見習い看護師・アオイ(清原果耶)。町の小さな産婦人科医院で命とは何かを問い、見つめてゆく物語。

” 沖田×華の日本の医療漫画作品。『Kiss PLUS』(講談社)2014年1月号より連載を開始し、第3話より『ハツキス』(講談社)に連載が移された。既刊7巻。第42回(2018年度)講談社漫画賞少女部門受賞作。作者の沖田が高校時代に勤めていた産婦人科の見習い看護師の経験を通じて、生まれる命の重さや大切さを知った実体験を基にしている。
『透明なゆりかご』と題して、NHK総合テレビ「ドラマ10」枠にて2018年7月にテレビドラマ化された。
via 透明なゆりかご 産婦人科医院 看護師見習い日記 – Wikipedia

あまりにも重苦しく命を見つめるテーマが描かれていて、観る前に覚悟がいる。
毎回涙があふれるドラマだった。
作品も素晴らしいけどドラマキャスティングも描き方も役者の演技も本当に素晴らしかった。
多くの人におすすめしたいドラマ。

響いたセリフ
「信じていたもの、当たり前だったものが突然奪われる。そういうことは、世の中で起きる。それでも生きていかなきゃならない。ねぇ、この世に生まれるって、案外大変だよ」
「ずっと傷ひとつ無く生きていくなんて無理よ。病気も怪我もするけど、手当てしながらニコニコ暮らしていく。健康ってそういう事なんじゃないかな。」
「私は嬉しかったです。母にぎゅっとしてもらった時。すごく。子どもがお母さんにしてもらいたいことなんて、それくらいなんじゃないでしょうか。」

1272315_300_thum630
via 今夜放送!『透明なゆりかご』最終回“特別ロング版” 未公開シーンも|BIGLOBEニュース

●『健康で文化的な最低限度の生活』

生活保護を受けるようになる代表的なケースが紹介されたドラマなのだろうと思う。重いテーマだけどそれらが理想的な終わり方になるので救われる結果となる。実際は違うだろうなぁと思いつついいドラマだと思った。

●『絶対零度~未然犯罪潜入捜査~』
沢村一樹主演の新章 2018年7月スタート
脚本: 宇山佳佑. 演出: 佐藤源太. 制作: フジテレビ

刑事ドラマシリーズで、これまでに「〜未解決事件特命捜査〜」「〜特殊犯罪潜入捜査〜」が放送されていた。どれも観てないので話についてけるかなと思ったけど最後まで楽しめた。これから犯罪を起こす人をターゲットにして捜査していくというのが面白い。アクションもリアルで目を見張った。
最後までどうなるのか読めない展開。
読み取りにくくどうにでも取れそうな表情を作る沢村一樹さんの芝居上手い。

zettairedo

via 絶対零度~未然犯罪潜入捜査~ – フジテレビ

●『この世界の片隅に』
名作アニメをCMで話題の松本穂香主演でドラマ化

2回目を観たあたりで原作の漫画を読んだ。
読み終えるころにズッシリやってくるリアル感。
なるほど名作と言われる作品だ。
ドラマも良くできてて、ヒロインがまた可愛い

●『サバイバル・ウェディング』
大橋弘祐の処女作となる長編恋愛小説のドラマ化。
脚 本 :衛藤凛

波瑠が婚約ミッションに挑む。
波瑠さんってかわいい表情するんだなと初めて知った。
上司の宇佐美(伊勢谷友介)が面白い味を出してた。
(「ジョジョリオン」の東方 常秀の髪型に似てるッ!)
面白かったー。

●『チア☆ダン』

2017年3月に公開しヒットした広瀬すず主演の映画『チア☆ダン〜女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話〜』の世界観を引き継いだ新たなるオリジナルストーリー。なのだそうだ。

土屋太鳳主演でドラマ化
王道な展開。安心して見れて気持ちが明るくなる。
太鳳ちゃんかわいいな~っと何度も思う。

「の~」とか方言も殊さら可愛らしい。
ダンス、迫力あって見応えあった。上手いしかっこいいし。
こういうドラマ観るのはメンタル的にもいいですね。

●グッド・ドクター
コミュニケーション能力に障害がある(自閉症スペクトラム)サヴァン症候群の小児科研修医。
山崎賢人さんの演技力に引き込まれた。

響いたセリフ
「子どもはどんなにひどい親でも愛されたいと願うものです。
胸には天国に通じる扉があるんだ。寂しい時や苦しい時、いつでもここをノックしてごらん。
天国に心が届くと。
大切な人を失った悲しみを知ってるからこそ、必ずいい医者になれるはずです。」

●『高嶺の花』
脚本:野島伸司 いけばな監修 – 大谷美香
石原さとみ演じるお嬢様の純愛ストーリー。

華道の名門「月島流」の令嬢・月島もも(石原)と自転車店主・風間直人(峯田和伸)。

初回観ててすぐ「101回目のプロポーズ」思い出して呆気にとられて調べたらなんと脚本家が同じ人だった。だけどなんだろうこの展開は。

「高嶺の花」という意味ってなんだったっけ。
単なる金持ちの権威ある家柄である種の才能がある女性?
石原さとみさんの演技が騒がしくて全然共感できない。
もっと美しく描いてほしかった。品がない。

風間直人演じる峯田和伸さんも演技が下手。
脚本が悪いからなのか何がどうなのかわからないが魅力的かどうかという前にどんな人物かが終始掴めなかった。なんと言ってもセリフがいちいち気持ち悪かった。もうちょっと魅力的な人いなかったんだろうか。

日本一周に出かけていった中学生の登場、わけが分からない。

全体的に登場人物の心理描写が雑。
少しでもいいから共感理解できそうなシーンが欲しかった。

いろんな衝撃的シーンをパッチワークのように集めた感じで終わった。

ただ、このドラマに出てきた生け花は素晴らしかった。
生け花に惹かれて最後まで観てしまった感がある。
草月流師範会理事の大谷 美香さんは、数多くのドラマや映画でいけばな装飾を手がけてるそう。生け花習ったことないけどステキだなと、初めて思った。
●『半分、青い』
2017年2月22日に制作発表され、脚本は北川悦吏子の書き下ろしによるオリジナルストーリー。

胎児のおしゃべりから始まったとき、これ観るのよそうかなと思ったけどとりあえずちょっと我慢して見始めた(今思えば観るのやめておけばよかった。)

親は子の幸せを願い見守るということってこんなことなんだろうなと思う。
そんな親子愛は奇跡のように尊くありがたいこと。
振られたときの切なさや、本当に好きな人にはなぜか真っ直ぐ思いを伝えられなくてすごい後悔するシーンは共感した。
ヒロインの周囲の人たちが魅力的。

ところがだんだん矛盾が現れ、ほころんでいった。
小さなことはこの際置いといて、後味の悪い思いでいっぱいだ。

ひとつは、いじめ問題。
子どもがいじめられたとわかって何も解決しようとせずにすぐに転校すると決めたこと。
周囲で誰もその決定を止めようとしないこと。

もう一つは、震災での友人が津波で亡くなった描写。
患者とともに死を選んでその前にわざわざ遺言のメッセージまでスマホに録音したこと。自己犠牲の行為を誰も咎めなかったこと。

NHKの連ドラで、しかもまるで戦前の雰囲気だと言われてる今の日本の世論の中(NHKはまるで今の政党の広告塔かとも噂されてる)、自己犠牲を美談に受けとめられかねないこの描写はないなと思った。
実際震災の津波で亡くなった人は、死のうと思って死んだ人などいなかっただろうし、看護師などは特に患者と一緒にぎりぎりまでなんとか助かろうと思っていたと思う。はたから見てもっと助かる方法があったはずと思われるシーンでも、正常性バイアスがかかってまさか死ぬと思ってないケースがほとんどだと思う。

仮に自己犠牲で一緒に死を選ぶケースがあっても(それを責めることはできないけど)
「生きてて欲しかった」「それはダメだ」と他の誰かの役者に言わせるなど生者からのメッセージを入れればまだましだった。彼女の遺族にまで会う描写を作るなら家族の気持ちや言葉をもっと…。

面白くいいシーンもあったからなお、最後にもうどうしようもなく裏切られたようで腹立たしく悲しさでいっぱいになった。大雑把でおそらく北川悦吏子さんの震災に対する印象はこんなものだったのだと思った。震災にとどまらずあらゆる出来事にたいする生きる姿勢とも思える。

話題になったことを寄せ集めてちょっとドラマチックに表現してみました的で奥行きのないものを見せられた。

結婚したり離婚したりいろいろあった後にお互いを再確認する長い恋愛ドラマという設定はいい感じだと思ったのにな。それがテーマならもっと丁寧に作ってほしかったけど、、。いやこのドラマ、ほんとは何がテーマだったんだろ。

北川悦吏子さんの脚本はもういらない。